日本テレワーク学会誌 Vol.13 No.1 (2015年4月号) 発行

日本テレワーク学会誌 Vol.13 No.1 (2015年4月号) を発行しました。

内容は以下の通りです。

■巻頭言 テレワーク社会システム 田名部元成

■特集 組織のなかの人間行動:組織と情報通信技術のインタフェース 特集エディタ 加納郁也
□特集巻頭言 特集「組織のなかの人間行動:組織と情報通信技術のインタフェース」に寄せて 加納郁也
□特集論壇 テレワーク研究の新地平としての組織市民行動 古賀広志、下崎千代子
□研究論文 テレワークにおける組織市民行動の事例研究 宮辻渉
□特集論文 テレワークを行うバーチャルチームでの組織市民行動を誘発する過程 柳原佐智子
□特集論文 再訪:関西におけるテレワークの方向感 古賀広志

■研究報告
□東日本大震災後のテレワークに関連した報道内容の減少に関する研究 吉見憲二
□テレワーカーの安全なWi-Fi利用に向けて 國井昭男、沼田真奈

■学会活動だより

■テレワークフォーラム
□テレワーク周辺教養講座(第10回) 眞崎昭彦
□テレワーク周辺教養講座(第11回) 通堂重則
□テレワークニュース(2014年7月~12月) 通堂重則

■会告・通知

■第17回(2015年)日本テレワーク学会研究発表大会のお知らせ