『働く、が変わる』~日本テレワーク学会は「テレワーク月間」を推進して参ります

今年度から、テレワーク推進フォーラムが中心となって、11月を「テレワーク月間」(http://teleworkgekkan.org/)に設定し、活動への参加を、広く国民全体に呼びかけることになり、本日7月7日、総務省・厚生労働省・経済産業省・国土交通省から報道発表がなされました。

日本テレワーク学会では、この国民運動に賛同し、主唱団体として推進して参ります。

推進のために組織されたテレワーク月間実行委員会では、

  • テレワーク月間実行委員会委員長:松村茂・日本テレワーク学会会長
  • テレワーク月間実行委員会副委員長:小豆川裕子・日本テレワーク学会副会長
  • テレワーク月間実行委員会委員:國井昭男・日本テレワーク学会副会長
  • テレワーク月間実行委員会委員:熊野健志・日本テレワーク学会企画部長

と、学会役員が主要構成員として参画し、テレワークの一層の普及に努めて参ります。
また、テレワーク月間はテレワークを広く認知して新しい働き方を実践する国民運動に展開しようという運動です。
専用サイト(http://teleworkgekkan.org/)からテレワークを広めるための活動を登録していただくことができ、活動を登録した皆様にはロゴマークが配布され、ロゴマークは、自らのホームページや名刺に自由に掲載することができます。

日本テレワーク学会は、現時点で、

■日本テレワーク学会アカデミックサロン(11月5日(木)予定)
■日本テレワーク学会 Jobcasting研究部会 テレワークマネージャー養成講座(11月予定)
■日本テレワーク学会 Jobcasting研究部会 テレワーク発注・検索技術コンテスト(11月予定)

を専用サイトに登録していますが、随時、追加登録を増やして行きたいと思います。
telework