======================================================================
  JJJJJJ  a@@@@a TTTTTTTTTT  sSSSs
   JJ   @  a @   TT   SS  SS  日本テレワーク学会(J@TS)
   JJ  @  @@@ @  TT    SS    Newsletter
   JJ  @ @ @ @   TT     SS   J@TS-News Vol.204
   JJ  @  @@@@   TT     SS   発 行:2016年 1月31日
JJ JJ   @      TT   Ss  Ss   発行人:松 村   茂
 JJJJ    @@@@@@   TT    SSSSS   編 集:広  報  部
                    http://www.telework-gakkai.jp/
======================================================================

              ■ 目 次 ■
  ―――――――――――――――――――――――――――――――

   □ 日本テレワーク学会第18回研究発表大会のお知らせ(発表申込み開始)
   □ テレワーク関連情報
   □ 編集後記


  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ● 日本テレワーク学会第18回研究発表大会のお知らせ
                       (発表申込み開始) ●
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日本テレワーク学会会員各位
                第18回研究発表大会実行委員長 三浦拓馬


 日本テレワーク学会第18回研究発表大会を以下の要領で開催します。
                   http://www.tw2016chiyoda.info/


■大会会期:2016年7月2日(土)・3日(日)

■開催場所:ちよだプラットホームスクウェア 4F・5F会議室
      〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3‐21
      会場TEL:03-3233-1511 FAX:03-3233-1501
      http://www.yamori.jp/access/

■本大会のメインテーマ:
 激動の時代を切り拓くテレワーク
 ~自律と協働・都市と地方のネットワーク拠点から新たな視点を求めて~

※2016年は、社会、経済、政治、情報、国際、地域等様々な領域で「激変」
 を体験する年になると言われています。
 私たちの研究テーマであるテレワークもまた、この「変化する潮流」と無
 関係ではありません。
 そこで、いわゆる従来型のテレワークの研究領域、例えばワークライフバ
 ランス、BCP、地域活性化に効果的なテレワーク等という既成の枠組みを外
 し、より大きな視点からテレワークの在り方を捉えなおしてみようと考え
 ました。

■発表の種別:
 今回は、セッションテーマを設定しました。
 また、カテゴリは従来通り、論文部門、報告部門、企画セッション部門の
3種類に分かれます。
 応募の際は、下記のセッションテーマを選定していただくか、テーマ区分
に該当しない場合は「一般」と明記して応募してください。

□セッションテーマ:

   ・テーマA「定義」:テレワークを再定義する
       (ex)マクロ経済学、社会情報学等からの新しい視点、等

   ・テーマB「空間」:新しい「場」の創造
       (ex)ワークプレイス革命がもたらすテレワーク空間とは? 等

   ・テーマC「経営」:マネージャの意識改革がもたらす可能性
       (ex)クラウドソーシングの活用、等

   ・テーマD「社会」:女性活躍社会への新しい視座
       (ex)働き方改革の行方、等

   ・テーマE「一般」:上記 テーマAからDに該当しないテーマ

※セッションテーマ設定の趣旨
 テーマAは、手段やツールとしてのテレワークの利活用という視点を脱し、
例えば、マクロ経済学から見たテレワークの価値の発見等の視点からテレワ
ークを再定義してみようという試みです。
 テーマBは、急激にイノベーションが進むテレワークの「場」の変革。今回
の開催会場であるちよだプラットフォームスクウェアは、場と働き方に変革
を促した先進の空間。だからこそ「場」を見直したい。また、「ふるさとテ
レワーク」に見る地方に生まれた新しい場も登場してきています。
 テーマCは、ワーカーから経営者、マネージャへ。テレワーク研究の視点の
転換、クラウドソーシングに代表される新しいビジネスの広がり、経営戦略
としてのテレワークが生み出す新しい価値とは何か? を検討したい。
 テーマDは、一億総活躍時代の中で女性活躍社会の実現にテレワークがどこ
まで可能かの検証。女性の働き方革命は、新しい社会、地域、家族や人間関
係の創造に寄与するかという検討を進めます。

□部門カテゴリの内容:

   ・論文部門・・・既存研究を踏まえて、テレワークの理論的・実証的
           な考察をまとめたもの、あるいは、テレワーク実践
           等に関わるデータを包括的にまとめて考察したもの
           が対象となります。

   ・報告部門・・・理論的な厳密性より、実践性や速報性に重点を置い
           たものが対象となります。論文部門の予稿集原稿の
           形式は論文形式となりますが、報告部門は発表用資
           料を予稿集原稿としても構いません。

   ・企画セッション部門・・・統一テーマにもとづくワークショップ、
           パネルディスカション、チュートリアルなどを対象
           としています。
           研究部会の報告もこのカテゴリに含まれます。
           企画セッションには1.5~2時間(論文/報告部門にお
           ける3~4人程度の長さ)が与えられます。

 いずれの部門も、発表と予稿集の言語は、日本語または英語とします。

■参加費:

   ・会員‥‥‥2,000円
   ・学生会員‥1,000円
   ・非会員‥‥3,000円
   (※いずれも参加費には予稿集代金が含まれます。)

■懇親会:7月2日(土) 5,000円(予定)

※大会当日のお弁当の販売は致しません。
 懇親会場での懇親会参加受付は致しませんのでご注意ください。


**************************************

 日本テレワーク学会第18回研究発表大会での発表を募集します。

■スケジュール:
 論文部門・報告部門での発表を希望する方は、まず、発表の要旨を実行委
員会まで送付してください。
 採択された場合は、予稿集原稿を期限までに送付していただきます。
 企画セッションを提案したい場合は、オーガナイザーが、企画セッション
提案書を作成して、実行委員会まで電子メールにて送付してください。
 オーガナイザーはまた、企画セッション形式に応じた予稿集原稿(後述)を
取りまとめて送付する必要があります。

【論文部門・報告部門・企画セッションの締切】
  要旨提出期限: 2016年3月 4日(土)
  採択通知  : 2016年3月12日(土)以降
  原稿送付期限: 2016年5月16日(月)

■発表申込み(要旨の作成と送付):
 論文部門、および報告部門に対する発表申込み(要旨送付)は、以下の大会
WEBサイトからお願い致します。
     http://www.tw2016chiyoda.info/home

■発表要領:

□発表時間:
 発表時間20分、コメント(3~5分)+質疑応答で10分
(企画セッションは、セッションのオーガナイザーの指示に従ってください。)

□PCについて:
 会場備え付けのPCがあります。
 (備え付けPCの)MS-PowerPointのバージョンは2010です。
 インターネットは使えません。
 持ち込みのPCの使用も可能です(VGAのコネクタが必要な場合はお持ちくだ
 さい)。

■発表申込みフォーム:
 要旨には、以下の項目が含まれています。

   ・発表申込代表者氏名(所属)・連絡先メールアドレス
   ・当日口頭発表者氏名(所属)・連絡先メールアドレス
   ・共著者の氏名(所属)
   ・発表区分(論文・報告)
   ・和文題名
   ・英文題名
   ・和文要旨(200-300字程度)
   ・キーワード(5つ以内)

 企画セッションの開催を希望する方は、企画セッション提案書(様式任意、
A4サイズ1枚程度)にオーガナイザー(氏名・所属・連絡先)、セッションの主
旨、セッションの形式(パネル、ワークショップなど)、予定する司会と登壇
者(氏名と所属)などを記載し、実行委員会まで送付してください。
 企画セッション提案が採択された場合には、オーガナイザーは、論文・報
告部門と同様の形式の予稿集原稿を取りまとめて、実行委員会に送付する必
要があります。
 なお、この原稿はセッション形式に応じて様々な形をとることができます。
たとえば、統一テーマのもと複数人が論文・報告部門と同様に発表するよう
な場合には、各登壇者から原稿を作成してもらい、それを連続的につなぎ合
わせて、企画セッションの原稿とすることもできますし、あるいは、登壇者
全員分の発表内容をオーガナイザーがひとつの論文形式の原稿として作成す
ることもできます。

■予稿集原稿の体裁:
 予稿集の原稿の体裁は、以下の通りです。

   ・論文部門:A4サイズ2段組原則6ページ以内
   ・報告部門:A4サイズ2段組原則4ページ以内

※報告部門の場合、論文形式のほか、発表用資料の形式でも受け付けます。
 発表用スライドの場合は、1ページ2スライドで、2-6ページの範囲で自由と
 します。

※予稿集原稿テンプレートは、以下よりダウンロードしてください。
   http://www.telework-gakkai.jp/activity/ronbun-youko/
   http://www.telework-gakkai.jp/activity/files/genko_template.doc

■送付先・問合せ先:
 発表要旨、企画セッション提案書、予稿集原稿の送付、その他お問い合わ
せは、下記連絡先までお願いたします。

      第18回研究発表大会 実行委員長 三浦拓馬
       e-mail: tw-taikai[at]telework-gakkai.jp

※メール送信の際は下記の確認事項にご同意の上、お願いいたします。

   ・メール並びに要旨にご記入いただいたデータに含まれる個人情報は、
    第18回テレワーク学会研究発表会への応募・発表に関連する業務の
    ためにのみ利用いたします。
   ・「第18回テレワーク学会研究発表会事務局(以下、事務局)」は、事
    前にお申込者の同意を得ない限り、入手した個人情報を第三者に提
    供あるいは開示しません。
   ・お預かりしたデータに含まれる個人情報の内容について、確認、訂
    正や削除を希望される方は、大会事務局までご連絡ください。ご本
    人様であることを確認の上、速やかに対応いたします。


**************************************

■その他:
 発表申込された方、司会、コメンテーターの方々も参加申込は必要です。
 オンライン参加申し込み(懇親会申込も含む)は6月27日までにお願いしま
す。(現時点では、大会WEBサイトの参加申込ページは工事中です。)
 申込フォームあるいは申込後送られるメールに記載されている振込先に参
加費および懇親会費を振り込みください。
 6月27日を過ぎた場合は、当日会場での参加申し込みになりますが、原則事
前に申し込みください。

■大会組織:
  実行委員長(運営委員長兼務)
      三浦拓馬(学術部長 株式会社いわきテレワークセンター)
  プログラム委員長  中西穂高(帝京大学)
  委員  今泉千明(富士ゼロックス株式会社)
      金丸利文(沖電気工業株式会社)
      木下巌(協和発酵キリン)
      國井昭男(株式会社情報通信総合研究所)
      熊野健志(株式会社富士通研究所)
      小豆川裕子(株式会社NTTデータ経営研究所)
      鈴木文代(明治大学 事務局)
      通堂重則(エヌアイシー・ソフト株式会社)
      野口邦夫(社労士のぐちくにを事務所)

  運営支援 日本テレワーク学会事務局


  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            ● テレワーク関連情報 ●
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 会員の研究活動に資するため、最近の主な新聞に掲載されたテレワーク関連
記事や書籍情報について、広報部にてデータベース検索したものを掲載します。
(検索対象期間:2016年1月)
※都合により、今号ではいわゆる日経四紙のみを対象としています。

【新聞】

元旦第2部・あなた×FUTURE、解き放て群衆の力、知恵を集めて夢をかな える。
(2016/01/01, 日本経済新聞 朝刊第2部, 1ページ)

ネット、リアル革命――人こそ力なり、アプリで予約→店に電話、ほかにはない 店、「顧客」に。
(2016/01/01, 日経MJ(流通新聞), 4ページ)

昇降機保守、女性活躍促す、日本オーチス、環境改善急ぐ、作業着や勤務体系見 直し。
(2016/01/06, 日経産業新聞, 13ページ)

第11部女性事業家編――長島製作所社長新宮由紀子さん、「男性中心の職場で女 性に門戸」(東北人の一計)
(2016/01/06, 日本経済新聞 地方経済面 東北, 2ページ)

外資系限定セミナー、徳島県、誘致へ都内で、来月。
(2016/01/07, 日本経済新聞 地方経済面 四国, 12ページ)

徳島で一部業務、生活センター試験実施、4月から。
(2016/01/09, 日本経済新聞 朝刊, 38ページ)

わたしの四国創生論(5)サイボウズ社長青野慶久氏――多様な社員働く職場に、 働き方改革が成長導く(終)
(2016/01/09, 日本経済新聞 地方経済面 四国, 12ページ)

「ノマドにはなれない」――多摩美術大学学長建畠晢(あすへの話題)
(2016/01/13, 日本経済新聞 夕刊, 1ページ)

将来の自分を想像する――女性管理職に挑戦しよう、管理職「やりがいある」が7割。
(2016/01/13, 日経MJ(流通新聞), 3ページ)

事業所数増、新幹線が追い風。
(2016/01/13, 日本経済新聞 地方経済面 長野, 3ページ)

「イクケン香川」挑む、美容院で育児相談、企業も巻き込む、人口減抑制へ継続 カギ。
(2016/01/13, 日本経済新聞 地方経済面 四国, 12ページ)

女性目線でアイデア商品、横浜の起業家、笛の穴押さえやすく、コンタクト外し 清潔。
(2016/01/14, 日本経済新聞 地方経済面 神奈川, 26ページ)

日経・FT共同シンポ、国開き、さらに成長、三井物産社長ら講演。
(2016/01/15, 日本経済新聞 朝刊, 1ページ)

日生、3年連続賃上げ、基本給・ベアは見送り。
(2016/01/15, 日本経済新聞 朝刊, 5ページ)

在宅勤務のススメ、生活にメリハリ、日産、全社員に制度導入(CASE)
(2016/01/16, 日本経済新聞 朝刊, 31ページ)

遠隔オフィスを誘致、徳島県など、東阪で交流イベント。
(2016/01/16, 日本経済新聞 地方経済面 四国, 12ページ)

資格選びの決定版!、「資格・スキルランキング2016」(日経からのお知らせ)
(2016/01/18, 日本経済新聞 夕刊, 3ページ)

うるる、空き家専門情報サイト、都内中心に8万軒公開。
(2016/01/18, 日本経済新聞 朝刊, 11ページ)

クラウドソーシング、仕組み伝える講座、横須賀市とランサーズ。
(2016/01/18, 日経産業新聞, 19ページ)

徳島に外資系を誘致へセミナー、県、来月に東京で開催。
(2016/01/18, 日経産業新聞, 19ページ)

日立化成沼尾直美氏――女性活躍推進、意識変革し計画管理(人事に聞く)
(2016/01/18, 日経産業新聞, 19ページ)

サイバー攻撃から企業守る――放送作家・戦略PRコンサルタント野呂エイシロウ (先読みウェブワールド)
(2016/01/18, 日経MJ(流通新聞), 6ページ)

米国の育児と仕事の両立は…、保育料月20万円超も――柔軟な働き方が支え、専 業主婦願望じわり(くらし)
(2016/01/19, 日本経済新聞 夕刊, 9ページ)

降雪で在宅勤務喚起、インフォテリア、国内社員3割参加。
(2016/01/19, 日経産業新聞, 7ページ)

パソナテック(インフォメーション)
(2016/01/20, 日経産業新聞, 17ページ)

BEC、4社から総額1億円(資金調達)
(2016/01/20, 日経産業新聞, 17ページ)

大気汚染、中国にリスク(がん社会を診る)
(2016/01/21, 日本経済新聞 夕刊, 9ページ)

企業サイトを一括支援、ウィルゲート、企画や効果検証。
(2016/01/22, 日経産業新聞, 17ページ)

うるる、空き家8万軒の情報サイト開設。
(2016/01/22, 日経MJ(流通新聞), 6ページ)

安倍首相の施政方針演説全文。
(2016/01/23, 日本経済新聞 朝刊, 6ページ)

女性活躍、先進企業に学べ、道、活性化へ第一生命と協定。
(2016/01/23, 日本経済新聞 地方経済面 北海道, 1ページ)

多様な人材活用、経営者らに講義、長野・飯綱町など。
(2016/01/23, 日本経済新聞 地方経済面 長野, 3ページ)

福島県会津若松市――企業呼ぶ古民家オフィス(イキイキ地域)
(2016/01/25, 日経MJ(流通新聞), 9ページ)

従業員向け保育施設、三菱ふそう、川崎市、外国人も対応。
(2016/01/26, 日経産業新聞, 13ページ)

イクメン職場の壁厚く、育休妨害・嫌がらせ1割経験、働き方の変革カギに。
(2016/01/26, 日本経済新聞 西部朝刊 社会面, 17ページ)

脱・長時間労働探る、政府、国民会議で議論へ、具体策に不透明感。
(2016/01/28, 日本経済新聞 朝刊, 5ページ)

働きかたNext、働きかた改革どう進める――慶大教授樋口美雄氏、総人件費増 やし格差是正(ニュース複眼)
(2016/01/28, 日本経済新聞 朝刊, 9ページ)

ウーマンスタイル――女性の声、企業に届ける、1200人の会員武器に成長(北 陸ベンチャー強さを探る)
(2016/01/28, 日本経済新聞 地方経済面 北陸, 8ページ)

長野経済特集――企業進出、長野に次々、技術力の高さ人材誘う。
(2016/01/30, 日本経済新聞 朝刊, 35ページ)

県が「政労使会議」、来月4日、働き方改革など議論。
(2016/01/30, 日本経済新聞 地方経済面 長野, 3ページ)

四国、転出超過やまず、昨年の人口移動、6%悪化8873人抑制策急務。
(2016/01/30, 日本経済新聞 地方経済面 四国, 12ページ)

群馬――ぐんまのイクボス養成塾、たかさき絵本フェスティバル(インフォメー ション)
(2016/01/30, 日本経済新聞 地方経済面 北関東, 41ページ)


  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              ● 編集後記 ●
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 7月の学会大会のCFPが出されています。今年の開催地は東京に戻りました。
 地方の大会で、地元の方々と交流できるのも楽しいですが、東京の大会で、
全国の方が集まっていらっしゃるのも、また別な楽しみがあります。
 発表エントリーの締め切りは3月ですが、年度末の多忙に紛れていると、あっ
という間に3月になってしまい、慌ててしまったり、時間切れに追い込まれたり、
という経験は皆さんもお持ちかと思います。
 今年の会場は、発表数を多く設定することも可能な形態のようですので、し
ばらく発表から遠ざかっている会員の皆さんも含め、多くの会員の発表エント
リーをお待ち致しております。
                       (副会長兼広報部長・國井)

     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     J@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TS
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     〒990-9530 山形県山形市上桜田3-4-5
     東北芸術工科大学 総務課内 日本テレワーク学会 事務局
     URL: http:/www.telework-gakkai.jp/
     e-mail(事務局): jats-enquiry@telework-gakkai.jp
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     J@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TS
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


閉じる
Copyright(C) Japan Telework Society