======================================================================
JJJJJJ a@@@@a TTTTTTTTTT sSSSs
JJ @ a @ TT SS SS 日本テレワーク学会(J@TS)
JJ @ @@@ @ TT SS Newsletter
JJ @ @ @ @ TT SS J@TS-News Vol.114
JJ @ @@@@ TT SS 発 行:2012年4月15日
JJ JJ @ TT Ss Ss 発行人:市 川 宏 雄
JJJJ @@@@@@ TT SSSSS 編 集:広 報 部
http://www.telework-gakkai.jp/
======================================================================
研究発表大会まであと2か月半。その大会に関する情報が更新されました。
学会誌特集号「テレワークを支援するICTツール」における 論文と記事の募
集締切が4月30日と迫っていますので再掲しました。
「テレワーク周辺教養講座」の新連載『「働き方」と「働く場」の変革』が
スタートしました。今回を含む3回に分けてお送りしていきます。ご期待く
ださい。
また、最後に、この半年間に新たに日本テレワーク学会に入会された方々を
お知らせしています。
最後までお読みいただけましたら幸いです。

■ 目 次 ■
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
□ 「第14回日本テレワーク学会研究発表大会」開催のお知らせ(更新)
□ 学会誌特集号「テレワークを支援するICTツール」
  論文と記事の募集について(再掲)
□ 学会誌特集テーマおよびゲストエディタの募集について(再掲)
□ 連載「テレワーク周辺教養講座」第2回
  「働き方」と「働く場」の変革(その1)
□新入会員(2011.7〜2012.3)
□ 編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ●「第14回日本テレワーク学会研究発表大会」開催のお知らせ●(更新)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第14回日本テレワーク学会研究発表大会
実行委員長 田名部元成

テーマ:「活力」〜震災復興そして発展に向けて〜

日付: 2012年6月30日(土), 7月1日(日)
場所: 横浜国立大学 経営学部(横浜市保土ヶ谷区常盤台79-4)
申込: 2012年6月1日(金)〜6月24日(日)(オンライン申し込み)

※詳細については、下記大会サイトをご覧ください。
http://www.jats2012.org/

なお、懇親会(6月30日)は、横浜中華街での開催を計画中です。
皆様からの多数のご参加をお待ちしております。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●学会誌特集号「テレワークを支援するICTツール」
  論文と記事の募集について(再掲)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本テレワーク学会誌 Vol.10 No.2(2012年10月刊行予定)
                                            ゲストエディタ:金丸利文

 2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震から1年が過ぎました。今回
の大震災で、テレワークの必要性、BCP(事業継続計画)の重要性が様々な場
所で議論されました。もちろん、本学会誌でも昨年の10月号で「大震災とテレ
ワーク」という特集があり、多面的な視点による多数の論文および報告が掲載
されました。
本学会で活動を行っている「テレワークを支援するICTツール研究部会」でも
共同執筆という形で、震災当日の安否確認という観点でのICTツールの使われ方
について、それぞれの体験を元にまとめて報告させていただきました。また、
TwitterやFacebookなどのソーシャル・メディアも含めて、ICTツールの重要性
が再認識された機会であったのだろうと考えています。
さて、今回はそういうICTツールについて、テレワークを支援するという観
点で特集を組ませていただくことになりました。昨今のICTツールの進展は大
きなものもありますし、上述したソーシャル・メディアのような新しいICT
ツールも登場しております。これまでにないテレワークへの貢献が期待され
るところですので、それを反映した幅広くかつ最新の内容にしていきたいと
考えています。
 そこで、「テレワークを支援するICTツール」をテーマにした様々な切り口
からの原稿を公募いたします。投稿希望の方は、スケジュールをご確認の上、
申込フォーマットに必要事項を記入し、電子メールにて下記エディタアドレス
宛にお送りください。
■論文審査を必要としない場合のスケジュール
申込締切:2012年4月30日(タイトルと概要のみ)
原稿締切:2012年7月20日(執筆要領は、受付後に指示いたします)
初回校正:2012年7月31日(その後、必要に応じて校正依頼がありま
す)
最終校正:2012年8月20日
 本特集に関連する内容で、査読論文であることを必要しない特集論文または
特集報告を希望される場合は、本特集ゲストディタ(金丸)が審査いたします。
以下のように申し込んでください。
※投稿規程と執筆要綱が小改訂されました。4月号の学会誌をご覧ください。
お手元にない方は編集委員会まで請求してください。
 ■申込フォーマット(査読を必要としない論文/記事)
  タイトル:
  概要(400字):
  予定分量:MS-Word標準設定A4で、約_ページ(図表含む)
            (ページ数は申し込み者が予定を記入ください)
  著者と所属:
  著者代表者メールアドレス:
  掲載希望区分:特集論文、特集報告、特集解説、その他(任意)
  ※タイトル、分量、内容、掲載区分等については、エディタが特別の要望
    をする場合がございます。
 上記内容について、「テレワーク学会誌特集号申込」という件名で、下記エ
ディタアドレス宛にご送付ください。
日本テレワーク学会誌Vol11,No2(2012年10月号)特集ゲストエディタ
テレワークを支援するICTツール研究部会 主査
金丸利文(OKI) kanamaru734[-at-]oki.com

※なお、特集テーマ以外の投稿論文、報告は随時受け付けているとのことです。
以上よろしくお願いします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ●学会誌特集テーマおよびゲストエディタの募集について●(再掲)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                         学術部  学会誌担当 柳原佐智子、榊原憲

 学術部では、学会誌をより魅力ある有用なものとするために、様々な特集
の企画に取り組んでおります。特集として取り上げて欲しいというテーマが
ありましたら、随時、学術部までご連絡ください。
 また、ご希望のテーマに関してゲストエディタとして中心となって関わっ
て頂くことも場合によっては可能です。その場合は「特集担当ゲストエディ
タ」として、当該号の特集の編集に加わって頂きます。こちらについても
ご希望があれば是非ご連絡ください。現在募集中の特集テーマは2013年4月
号およびそれ以降のものですので、ご研究の日程のご都合により希望なさる
時期をあらかじめお教えくださると幸いです。
 会員のみなさまからの積極的なご提案をお待ちしております。

 連絡先:学術部 柳原佐智子 sachiko[-at-]eco.u-toyama.ac.jp
             または
            榊原 憲  sakakibarax[-at-]gmail.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 連載「テレワーク周辺教養講座」●
第2回「働き方」と「働く場」の変革(その1)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
内田洋行の平山です。J@TS Newsletterの誌面をお借りして、3回にわたり
「働き方」と「働く場」の変革というタイトルで小文を掲載させていただきま
す。
テレワークにフォーカスした話というより、少し周辺領域に拡張した話となる
かもしれませんが、「働き方」も「働く場」もテレワークとは深く関わるテー
マですので、ご参照いただけると嬉しいです。

いきなり自分の業務の話で恐縮ですが、最近「社員の知的生産性を真面目に考
え直してみたい」「グローバルビジネスに対応できる仕事の仕方を考えたい」
といった「働き方」に関わる話をよくお聞きします。背景には、成熟化・グロ
ーバル化・情報化の加速といった社会要因が考えられますが、ここに来てワー
クスタイル変革というテーマが再びクローズアップされてきたように感じます。

しかし一方では、「働き方」は確かに変わってきているがその効果はよく判ら
ない、ワークスタイルやワークプレイスの変革に取り組んでみたがなかなか上
手くいかない、といった話も聞かれます。効果がよく判らない、変革が上手く
いかないというケースをみると、いくつかのボトルネックが見えてきます。

ひとつは、どんなワークスタイルを目指すのかという明確な意図が無いまま、
なんとなく変わってしまったケース。2つ目は「働き方」を変えようにも道具
立てが整っておらずかえって不便になってしまった、逆に道具先行になってし
まって「働き方」の検討がおざなりになってしまったケース。3つ目は、経営
者や課題意識が高い一部のメンバーだけが頑張り、社員がついていけないケー
スです。

次回は、このようなボトルネックを乗り越えて、より自由でより生産性が高い
「働き方」と「働く場」の変革を進めるポイントについてご紹介したいと思い
ます。
              (平山信彦・内田洋行知的生産性研究所)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 新入会者(2011.7〜2012.3)●
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.正会員入会者
 朴 修賢(大阪成蹊大学)
 大宜味教子(NTTデータ)
 三浦拓馬(いわきテレワークセンター)
 小笠原 剛(八戸市)
 吉見憲二(早稲田大学)
 洞澤 研(ほらさわ社会保険労務士HRM研究所)

2.学生会員入会者
 林 海(東京工業大学)

以上、敬称略

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 編集後記 ●
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4月といえば入学式。例年より開花の遅れた東京の桜も満開とはいかないまで
も何とか間に合ったようです。その桜も先週末の雨と風ですっかり散ってしま
いました。路面には散った桜の花が一面に広がり、しかも雨で路面に固着され
ていたので桜の花を敷き詰めた状態、花道になっていました。散り際の桜吹雪
もいいですが、普段無味乾燥なアスファルトがこの時ばかりは桜の花道になっ
ており、なかなか風情がありました。さて、桜が散ったあとはいよいよ新緑の
季節。新しい芽が出てきます。今年の大会のテーマは、「活力」〜震災復興そ
して発展に向けて〜となりました。テレワーク学会にも新しい芽(新テーマ、
新人)がたくさん出てきて、活力ある大会になることを期待しております。
                           (広報部・佐堀)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
J@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TS
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1-1
明治大学研究棟 市川宏雄研究室内 日本テレワーク学会 事務局
URL: http:/www.telework-gakkai.jp/
e-mail(事務局): jats-enquiry@telework-gakkai.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
J@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TS
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


閉じる
Copyright(C) Japan Telework Society