=================================================================
   JJJJJJ    a@@@@a  TTTTTTTTTT   sSSSs
     JJ     @    a @     TT      SS   SS    日本テレワーク学会(J@TS)
     JJ    @   @@@  @    TT       SS        Newsletter
     JJ    @  @  @ @     TT         SS      J@TS-News Vol.97
     JJ    @   @@@@      TT          SS     発  行:2011年3月1日
 JJ  JJ     @            TT      Ss   Ss    発行人:市  川  宏  雄
  JJJJ       @@@@@@      TT       SSSSS     編  集:広    報    部
                                     http://www.telework-gakkai.jp/

=================================================================

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                        ■  目  次  ■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     □ 第13回研究発表大会の論文募集のお知らせ(再掲)
     □ テレワーク関連セミナー情報(1)
     □ テレワーク関連セミナー情報(2) (再掲)
     □ テレワーク関連情報
     □ 編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●第13回研究発表大会の論文募集のお知らせ(再掲)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年度の研究発表大会が、2011年6月11日(土)6月12日(日)に東京都目黒区
大岡山の東京工業大学大岡山キャンパスで開催されます。
つきましては、第13回大会に向けて論文および報告の募集を行います。

■要旨の提出締切
 要旨の提出締め切りを
   2011年3月14日(月)
 といたします。なお、発表言語は日本語または英語とします。
 できるだけ多くの会員からのご応募をお待ちしております。

■連絡先
 第13回研究発表大会 大会プログラム委員長 中西 穂高
 E-mail: tw-taikai2011@hotmail.co.jp

■採択・提出の流れ
     要旨提出期限:    2011年3月14日(月)
         採択通知:    2011年3月19日(土)
       論文等締切:    2011年5月9日(月)

■要旨作成および提出方法
 要旨を送付する際には、
【発表者】
【所属団体】
【連絡用メールアドレス】
【発表区分】論文・報告
【和文演題】
【英文演題】
【和文要旨】200−300字程度
【英文要旨】100−150ワード程度
 を指定フォーマット(Wordファイル)に入力し、
 tw-taikai2011@hotmail.co.jp
 まで送信してください。

尚、指定フォーマットの最新版は学会のホームペ―ジをご覧ください。
「申込書」(応募要旨)および「原稿テンプレート」は下記からダウンロードできます。
http://www.telework-gakkai.jp/activity/ronbun-youko.html

また、本大会では、セッションの設置も募集いたします。
セッション設置の募集については、近日中に学会ホームページに掲載する予定です。
以上、よろしくお願いいたします。

             日本テレワーク学会  第13回研究発表大会  大会プログラム委員会

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●テレワーク関連セミナー情報(1)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  財団法人森記念財団の「都市戦略特別セミナー」のご案内です。
  日本テレワーク学会の市川会長の基調講演も行われます。

http://www.mori-m-foundation.or.jp/seminar/strategy/20110314/notice.shtml

開催概要
  2009年9月「東京未来シナリオ研究会キックオフ」セミナーを開催したその
当日に鳩山内閣が発足して以来、首相の交代とともに内閣の顔ぶれが既に4回
も代わりました。しかし、何度内閣を改造しても、低迷している日本の景気の
底上げは未だに実現していません。 また、尖閣諸島に端を発する日中関係の
急激な悪化や、北朝鮮の韓国に対する軍事行動によって東アジアでの緊張が激
化するなど、社会情勢が急変しています。このような激変をどれだけの人々が
予想していたでしょうか。
  社会がますます混迷化し不確実性を増してゆく中でも、高齢化社会は確実に
おとずれつつあります。この状況の中で、私たちが住む「東京」において、将
来に何を目指し、どのような行動をどのような順序で起こしていくことが必要
なのでしょうか?
  私たち研究グループでは、東京の未来の4つのシナリオとそれに応じた都市
戦略案を、都市におけるあらゆる分野の専門家へのヒアリングやサポートメン
バーから頂いたアイデアをもとに独自の調査を進めながら取りまとめました。
その成果をここで発表するとともに、セミナー参加者の皆さまと、今後私たち
が目指すべき東京の未来について語り合いたいと考えています。

日時
  2011年3月14日(月) 19:00〜21:00(受付開始 18:30)

会場
  六本木アカデミーヒルズ タワーホール
(東京都港区六本木6-10-1六本木ヒルズ森タワー49階)

プログラム
◇挨   拶 竹中 平蔵(慶應義塾大学 教授 / 森記念財団 都市戦略研究所長)

◇基調講演1 『世界の都市総合力ランキングから見る東京の国際的位置づけ』
          森記念財団 都市戦略研究所

◇基調講演2 『東京の未来の4つのシナリオと都市戦略』
          市川宏雄(明治大学専門職大学院長 / 森記念財団 理事)

◇オープン・フォーラム  『どうなる東京?4つのシナリオ』
4つのシナリオにもとづいて今後の東京が取るべき戦略について、
参加者の皆さまからのご意見を交えながら議論します。

‐モデレーター:竹中 平蔵(慶應義塾大学 教授 / 森記念財団 都市戦略研究所長)
‐ディスカッションリーダー:
   北岡 伸一(東京大学大学院法学政治学研究科 教授)
   ロバート・フェルドマン
       (モルガン・スタンレーMUFG証券 マネージング・ディレクター)
   花木 啓祐(東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻 教授)
   廣瀬 通孝(東京大学大学院情報理工学系研究科知能機械情報学専攻 教授)
   市川 宏雄(明治大学専門職大学院長・森記念財団 理事)

募集定員
  300名様。入場は無料です。

申込方法
  参加申込フォームからお申し込みください。
  受付は先着順とさせていただき、定員になり次第締め切ります。
  フォーム送信後、入力メールアドレス宛てに自動返信メールが届きますので、
到着したメールをプリントアウトして当日受付にお持ちください。
(自動返信メールが届かない場合は再度申込し直すか、森記念財団までお問合
せください) 

主催 財団法人 森記念財団

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●テレワーク関連セミナー情報(2) (再掲)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※総務省および国土交通省からの提供情報です。
  なお、下記セミナーは日本テレワーク学会が後援を予定しています。

「平成22年度 テレワーク推進地域フォーラム in 東京/富山」開催のお知らせ
………………………………………………………………………………………………
地域におけるテレワークの理解を促進し、その一層の普及を図るために、平成
23年3月にかけて、東京・富山においてテレワーク推進地域セミナーを開催いた
します。

■::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::■
◇テレワーク推進地域フォーラム in 東京
 テレワークによる新たな就労機会の創出〜人材活用と企業経営の新たな展望〜
http://comm.stage.ac/telework/tokyo/

▼開催概要
日時:平成23年3月9日(水)13:30〜17:00(受付13:00〜)
会場:ホテル ルポール麹町 3階 マーブル(東京都千代田区平河2-4-3)
定員:100名程度 *参加費無料・事前登録制
主催:総務省
後援:非営利団体ウィーキャン世田谷、富士通株式会社、
エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社、テレワーク推進フォーラム
社団法人日本テレワーク協会

*プログラム、詳細、お問い合わせ先については下記ホームページをご覧ください
http://comm.stage.ac/telework/tokyo/

■::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::■
◇テレワーク推進地域フォーラム in 富山
これからの時代の人材活用と経営改革に向けて〜企業に求められる働き方〜
http://comm.stage.ac/telework/toyama/

▼開催概要
日時:平成23年3月18日(金)13:30〜17:00(受付13:00〜)
会場:富山国際会議場(大手町フォーラム)2階 多目的会議室(203・204号室)
(富山市大手町1番2号)
定員:100名程度 *参加費無料・事前登録制
主催:総務省、富山県
後援:社団法人富山県経営者協会、富山経済同友会、富山県中小企業団体中央会、
社団法人富山県情報産業協会、富山県高度情報通信ネットワーク社会推進協議会、
北陸情報通信協議会、テレワーク推進フォーラム、社団法人日本テレワーク協会

*プログラム、詳細、お問い合わせ先については下記ホームページをご覧ください
http://comm.stage.ac/telework/toyama/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●テレワーク関連情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  会員の研究活動に資するため、最近の主な新聞に掲載されたテレワーク関連
記事や書籍情報について、広報部にてデータベース検索したものを掲載します。
(検索対象期間:2011年2月)

【新聞】

あなたの隣に 発達障害と向き合う/読者からの反響 第1部「凸凹の世界」を終えて/憤り、苦悩…切々と/自分たちだけじゃない…/心強かった/■「気づき」促した記事/■「個性見守り、手を差し伸べて」
(2011/02/01, 下野新聞, 13ページ)

「街や地域の発展に」−SOHOしずおか10周年行事
(2011/02/01, 静岡新聞 朝刊, 22ページ)

ワーク・ライフ・バランス 企業の最新取り組み紹介 都内で催し
(2011/02/02, NHKニュース)

★論説★ インフルと企業 甘く見ていては危ない 2011年2月2日
(2011/02/02, 岩手日報朝刊, 3ページ)

シェアビジネス台頭(上)(石鍋仁美のマーケティングの非常識)
(2011/02/04, 日経MJ(流通新聞), 4ページ)

「障害へ理解得られず」 就労調査 対人関係悩み多く 宇都宮のNPO法人
(2011/02/04, 東京新聞朝刊 地方版(栃木版), 22ページ)

NTT東、ICT環境を一元的に保守する中小向けサービス拡充
(2011/02/04, 日刊工業新聞, 11ページ)

英国発スマートフォン革命(3)アンドロイドを取り込め、携帯向け広告、市場に活気。
(2011/02/07, 日経産業新聞, 3ページ)

老朽ビルをシェア住宅に、コプラスが企画・設計築48年、順法性も回復
(2011/02/07, 週刊住宅新聞, 10ページ)

業務管理へ活用も、テレワーク向けに提供、サイボウズ総研
(2011/02/07, 日本情報産業新聞, 3ページ)

デル日本法人執行役員ケビン・オケイン氏――SOHO対応PCに商機(ナビゲーター)
(2011/02/08, 日経産業新聞, 3ページ)

日立ソリューションズ、育休や時短――結婚・出産退社、ほぼゼロに(両立支援の現場)
(2011/02/08, 日経産業新聞, 19ページ)

SOHOしずおかビジネスプランコンテスト最終審査会(ビジネス便)
(2011/02/08, 日本経済新聞 地方経済面 静岡, 6ページ)

「育児休業」の導入9割 岡山県と経済研究所が県内中小調査 「看護休暇」など 利用進まず
(2011/02/08, 山陽新聞朝刊15版, 6ページ)

日本HP、ユニファイドコミュニケーションの構築サービスを開始
(2011/02/08, 日刊工業新聞, 10ページ)

深層断面/広がるワーク・ライフ・バランス(上)
(2011/02/08, 日刊工業新聞, 28ページ)

既存ビルを再々利用築48年、2度目の再生
(2011/02/08, 住宅新報, 14ページ)

テレワーク成功、ルールが決め手――富士通ワイエフシーの例から、まず幹部が体験。
(2011/02/09, 日経産業新聞, 18ページ)

70歳まで雇用実現を 秋田市でセミナー、人事担当者ら出席
(2011/02/09, 秋田魁新報 朝刊, 4ページ)

トランスコスモス 「在宅」コールセンター実験
(2011/02/09, FujiSankei Business i., 12ページ)

11〜13日に内覧会/茨木町のリノベーションアパート/金沢R不動産/入居者の募集も/
(2011/02/09, 建設工業新聞(石川版))

今治の産官学、野菜染めタオル製品販売、マフラー事業化、11年度、綿花から生産。
(2011/02/10, 日本経済新聞 地方経済面 四国, 12ページ)

◎【健康】心の病 増える休職 県内300〜1000人中規模企業 9割で発症者 全体では4割超に 福井障害者職業センター 復職者へ夜間相談 医療+企業 復職支援へ知恵 25日、福井市でシンポ
(2011/02/10, 福井新聞, 12ページ)

深層断面/広がるワーク・ライフ・バランス(下)
(2011/02/11, 日刊工業新聞, 20ページ)

京セラミタジャパン、FAXデータ通知・閲覧サービス開始
(2011/02/14, 日本事務機新聞, 1ページ)

「働く拠点は社外」中小にも、通勤困難でも雇用、交通・オフィス代削減。
(2011/02/16, 日本経済新聞 朝刊, 14ページ)

「働く拠点は社外」中小にも――導入率、大企業となお差。
(2011/02/16, 日本経済新聞 朝刊, 14ページ)

21おかやま産業人クラブ 岡山でシンポ 女性が活躍できる職場は きめ細かい制度を 井手さん 管理職に積極登用 肥塚さん
(2011/02/16, 山陽新聞朝刊15版, 7ページ)

「働く拠点は社外」広がる 中小、ネットを活用
(2011/02/16 00:30, 日本経済新聞電子版ニュース)

「テレワーク」導入率、大企業となお差 メリット訴求が普及の鍵に
(2011/02/16 04:00, 日本経済新聞電子版ニュース)

「働く拠点は社外」中小にも広がる 環境整備、ネットで安く−通勤困難でも雇用 交通・オフィス代削減
(2011/02/16 04:00, 日本経済新聞電子版ニュース)

スマート革命’11トップに聞く(27)NTTソルコ社長・武藤弘和氏ほか
(2011/02/17, 日刊工業新聞, 11ページ)

「統合管理」市場奪い合い、電話・メール・TV会議など――シスコやMS、新製品。
(2011/02/18, 日経産業新聞, 3ページ)

高岡市 予算最大704億円=富山
(2011/02/18, 東京読売新聞 朝刊, 29ページ)

高岡市予算案 「歩いて楽しいまち」に 新駅拠点に広域観光
(2011/02/18, 北日本新聞朝刊, 3ページ)

◎新世紀へ5プログラム 高岡市 ストリート、まちなかSOHO 総合計画 次期基本計画を先導
(2011/02/18, 富山新聞, 2ページ)

九州大 新幹線駅から「0分」 ビジネススクール 有川学長「立地強み」 魅力アップ 九州の玄関口
(2011/02/18, 西日本新聞朝刊, 15ページ)

モバイルと通勤(精留塔)
(2011/02/18, 化学工業日報, 1ページ)

NAGANO NPO NOW 「ブックドネーションfor長野」事業 買い取り額NPO資金に 古本送り活動手助け
(2011/02/19, 中日新聞朝刊 地方版(長野総合版), 19ページ)

シェアハウス型サービスアパート、オークハウス
(2011/02/21, 週刊住宅新聞, 3ページ)

【賃貸住宅特集】、都心大型賃貸マンション、富裕層の賃貸需要に応える、住友不が都心で開発、月額500万円超も
(2011/02/21, 週刊住宅新聞, 8ページ)

【賃貸住宅特集】、シェアハウス、多種多様な転用例、公社、財団も市場参入
(2011/02/21, 週刊住宅新聞, 8ページ)

SOHOしずおか、ビジネスコンテスト、9団体・個人が新事業を提案。
(2011/02/23, 日本経済新聞 地方経済面 静岡, 6ページ)

◎成長分野へ進出支援 高岡市 産業振興でビジョン案
(2011/02/23, 富山新聞, 2ページ)

三谷産業、ソフト子会社、合併し社名変更。
(2011/02/24, 日本経済新聞 地方経済面 北陸, 8ページ)

日本ユニシス、デスクトップ仮想化サービスを開始
(2011/02/24, 日刊工業新聞, 11ページ)

ニーズとシーズ――将来像描く「作家」求む(TechnoOnline)
(2011/02/25, 日経産業新聞, 8ページ)

来月18日、富山でセミナー/総務省ら/テレワークの推進で/
(2011/02/26, 建設工業新聞)

【雑誌】

情報スクランブル 「ガラパゴス」「リーダー」発売で売れた意外な商品/「観光立国」ニッポンのメーンターゲットは?
(2011/02/14, プレジデント, 23ページ)

特集 テレビ新世紀−part1 止まらない大地殻変動−テレビ業界10の疑問 疑問3〜7
(2011/02/19, 週刊東洋経済, 50〜53ページ)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最近、facebookなどのソーシャルメディアで、思ってもみなかった方から
お声掛けいただくことが本当に増えました。
私事で恐縮ですが、昨日も高校時代の友人から30数年ぶりに声をかけてもらい
とても嬉しい再会となりました。海外在住の彼は、日本の友人たちとの交流には
このようなコミュニケーション手段が不可欠になっていると言っています。
リモート・コミュニケーションも一側面に過ぎませんが、テレワークの環境は
日々に変化しているように感じています。この変化の中から新しい可能性や価値
を探していければと思います。
(広報部・平山)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 J@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TS
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1-1
        明治大学研究棟 市川宏雄研究室内 日本テレワーク学会 事務局
        URL: http:/www.telework-gakkai.jp/
        e-mail(事務局): jats-enquiry@telework-gakkai.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 J@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TS
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



閉じる
Copyright(C) Japan Telework Society