======================================================================
   JJJJJJ    a@@@@a  TTTTTTTTTT   sSSSs
     JJ     @    a @     TT      SS   SS    日本テレワーク学会(J@TS)
     JJ    @   @@@  @    TT       SS        Newsletter
     JJ    @  @  @ @     TT         SS      J@TS-News vol.46
     JJ    @   @@@@     TT          SS     発  行:2006年11月29日
 JJ  JJ     @            TT      Ss   Ss    発行人:比  嘉  邦  彦
  JJJJ       @@@@@@      TT       SSSSS     編  集:広    報    部

                    http://www.telework-gakkai.jp/
======================================================================

              ■  目  次  ■
  ―――――――――――――――――――――――――――――――

      □ 幹事小論
      □ テレワーク関連情報
      □ 編集後記


  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              ● 幹事小論 ●
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ------------------------------------------------------------------
      ○ 進化するテレワーク
        e-ラーニングとネットショップへの新たな活用 ○
  ------------------------------------------------------------------

 e-ラーニング、ネットショップ。この2つのキーワードとテレワークを皆さ
んはどのように結びつけることができますか?ここで、一つ、私が携わったプロ
ジェクトからこの新たな展開について紹介します。
 e-ラーニングからどのようにネットショップでビジネス展開していくのか。
これまで、e-ラーニングはコンテンツ配信の受信料をいくらにするかが大きな
問題でした。2年前まではワンコイン(500円)払っても受信してくれるコンテ
ンツは何かを模索していました。しかし、500円の課金で見てくれるコンテンツ
を見つけ出すことは困難でした。そして、300円では・・・、同じワンコインで
も100円では・・となり、現在は無料配信をして、そこからどのようにビジネス
利益をあげるかを考えるようになりました。その一事例を紹介しましょう。
 個人商店では日本一の売上げ(年商20億円)を誇るスーパー魚屋「魚幸」から
独立開業したお店「茂田井水産」が人気のマグロを武器に、満を持してネットシ
ョップを立ち上げました。e-ラーニングでは、このお店のカリスマ社長が、お
いしいマグロの食べ方をレクチャーしています。おいしいマグロの食べ方とは、
一言で言うと、水揚げしたマグロをその場で急冷(マイナス60度)し、そのまま
消費者のところに届け、正しい解凍をすることだそうです。生は時間とともに鮮
度は落ちますが、この解凍方法を行なえば、高級料亭の本マグロよりおいしく食
べられます。私も、試してみましたが、絶品です!皆さんもぜひ、お試しくださ
い。このレクチャーは無料で動画配信しています。では、どこで、利益を出すか
というと物販です。茂田井水産の極上の冷凍マグロをe-ラーニングのなかで物
販しているのです。ここから先の詳しい話は、この誌面では語りつくせないので、
またいつか・・・次回の私の大学で行なわれる来年の学会にでも。
 ほかにも、e-ラーニングの新たな展開を行なっています。某出版社とe-ラー
ニングを活用した物販のビジネスモデル化を図っています。参考まで、「ネット
塾」をご覧ください。 https://netjuku.jp/
 最近、Web2.0と騒がれていますが、テレワークやe-ラーニングも新たな展開に
行なわれていくことでしょう。
                              (定平 誠)

  ------------------------------------------------------------------
      ○ テレワーク人口倍増計画に対する逆風??○
  ------------------------------------------------------------------

 2006年9月29日に行われた安倍総理大臣の所信表明演説では「自宅での仕事を
可能にするテレワーク人口の倍増を目指すなど、世界最高水準の高速インターネ
ット基盤を戦略的にフル活用し、生産性を大幅に向上させます」と述べている。
これは2003年のe-Japan戦略Uおよび本年のIT新改革戦略の中で、2010年までに
適正な就業環境の下でのテレワーカーが就業者人口の2割を実現するという政策
目標に対して、2005年度時点でまだ10.4%の段階であることが背景にある。また、
その3年前の調査では6.1%であり、このままの延長では20%の達成は非常に難
しい。20%という目標値を達成するためには、テレワーカーの7割以上を占める
雇用型テレワーカーの数を少なくても現在の倍にする必要がある。現在、雇用型
のテレワーカーは506万人と推定されるため、新たに500万人以上のテレワーカー
を増やす計算になるが、雇用されているワーカーがいかにテレワークを望んだと
しても、雇用している企業にテレワークの仕組みや理解がないと実現できない。
 一方、現在企業をとりまくテレワークに関する環境は次世代育成法等のフォロ
ーはあるが、決して順風とは言えない。それは情報セキュリティに関する情報漏
洩の問題である。情報セキュリティの確保はテレワーク固有の課題ではなく、企
業全体における情報に関するポリシーの一端ではあるが、時間と場所に制約され
ない働き方であるテレワークはよりリスクが高いとの判断が企業にはあるようだ。
特にノートPC等の会社外への持ち出しを禁止している企業の経営者にとっては、
個人情報の漏洩等が事業の存続にまで影響を及ぼすかもしれないという不安と、
テレワークによるもろもろのメリットを天秤にかけてデメリットの方を優先して
いる結果であろう。本当にこのままで良いのだろうか。業務に支障は出ないのか。
先日、ある企業のサテライトオフィスを見学した時、その企業の担当者はノート
PCを社外に持ち出して、仮に漏洩等の事態が発生しても、余程、個人による失態
でない限りは、企業のシステム上の問題によるものと判断するとのことであった。
したがってシンクライアント等の新しい仕組みを導入する予定はない、とのこと
である。情報の漏洩等の問題の殆どが、その情報を取り扱う人に起因している。
しかし、人が犯すミスを現状のシステムやその仕組みでカバー出来ると判断して
いる企業もある。そこに企業として社員を信頼し、社員のミスを会社のシステム
や仕組みでカバーする姿勢がある。これは、企業がテレワークを導入し活用する
場合の基本的な姿勢に通じるものであり、そのような中から社員はテレワークに
対する自己責任の感覚が生まれるのではなかろうか。
                              (柴田 明)


  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           ● テレワーク関連情報 ●
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 会員の研究活動に資するため、最近の主な新聞に掲載されたテレワーク関連
記事や書籍情報について、広報部にてデータベース検索したものを掲載します。
(検索対象期間:2006年10月下旬以降)

【新聞】

やる気のある女性 応援します あす岐阜で 創業フォーラム 『集まる場作りを』
(2006/10/24, 中日新聞朝刊, 21ページ)

福岡県◎まちの会社物語=システム開発・コンピュータ教育
(2006/10/24, 西日本新聞朝刊, 27ページ)

福岡県◎SOHOフェア28日 講演会や情報交換会 福岡市・天神/ふくおか県
総合(2006/10/25, 西日本新聞朝刊, 27ページ)

まちづくり三鷹・三菱東京UFJ銀、SOHO向け融資創設。
(2006/10/26, 日本経済新聞 地方経済面 (東京), 15ページ)

SOHO向け融資創設(首都圏ダイジェスト)
(2006/10/26, 日本経済新聞 地方経済面 (千葉), 39ページ)

再チャレンジで女性起業家講演 岐阜でフォーラム /岐阜県
(2006/10/26, 朝日新聞 朝刊, 31ページ)

団塊世代塾:新たな活躍の場を NPOが主催、12月から多治見で /岐阜
(2006/10/26, 毎日新聞 地方版, 23ページ)

仕事と生活の調和テーマにシンポジウム−来月7日、静岡
(2006/10/26, 静岡新聞社 朝刊, 27ページ)

『情熱と行動力が重要』 女性の起業支援 岐阜でフォーラム
(2006/10/26, 中日新聞朝刊, 19ページ)

横浜市、課題解決型の民間支援事業を本格始動
(2006/10/26, 日刊工業新聞, 36ページ)

【輝く日本の女性起業家】オフィスエム社長 田上睦美さん
(2006/10/30, FujiSankei Business i., 26ページ)

ライブキャピタル−顧客にクレジット(与信)を供与するプロセスを自動化
(2006/10/30, 米国ベンチャー企業情報)

<続・光る企業>「強み」を磨け くるみカンパニー(神戸市中央区)
(2006/10/31, 神戸新聞朝刊, 9ページ)

政策:男女参画会議に安倍首相が初出席
(2006/11/01, 毎日新聞 朝刊, 5ページ)

◎共働き型社会へ適切な対応必要 松山で両立セミナー
(2006/11/01, 愛媛新聞, 7ページ)

◎女性研究者の支援へシンポジウム 熊本大学で始まる 熊大
(2006/11/01, 熊本日日新聞朝刊, 19ページ)

三菱UFJ・まちづくり三鷹が提携、SOHO向け融資、限度額5000万円。
(2006/11/02, 日経金融新聞, 5ページ)

[支えあって子育て]働く現場から(3)「多様な勤務」女性から
(2006/11/02, 東京読売新聞 朝刊, 17ページ)

けいざい潮流 テレワーク
(2006/11/02, 東京新聞夕刊, 4ページ)

ポケット 子育て 働き方のモデルつくりたい
(2006/11/03, 京都新聞朝刊, 25ページ)

マイクロソフトなど12企業と団体、各地でIT経営実践
(2006/11/03, 日刊工業新聞, 2ページ)

会社で働く日は、月曜日から木曜日まで(春秋)
(2006/11/04, 日本経済新聞 朝刊, 1ページ)

日本テレワーク協会、在宅勤務制度の導入・運用講座。
(2006/11/06, 日経産業新聞, 23ページ)

【アイズ・アイ】危機管理/コンプライアンス トヨタのダイバーシティ
(2006/11/06, FujiSankei Business i., 20ページ)

座標<菅野美奈子(A―SOHO企業組合代表理事)=山形市>
(2006/11/07, 河北新報朝刊, 5ページ)

IT経営キャラバン隊発足/建産連ら12団体・企業
(2006/11/07, 建設通信新聞)

ブレインスタッフ住宅ローンサポートを強化全国のFPと協業
(2006/11/07, 住宅新報, 14ページ)

経営ひと言/エイチ・アンド・ティーの濱田孝治社長「教育成果に満足」
(2006/11/08, 日刊工業新聞, 29ページ)

全国建産連/日本商工会議所ら12の団体・企業と「IT経営キャラバン隊」発足
(2006/11/08, 日刊建設工業新聞, 14ページ)

都市機構賃貸マンション、SOHO事業向けOK。
(2006/11/10, 日本経済新聞 地方経済面 (東京), 15ページ)

定年後は地域貢献を/「団塊世代」テーマに懇談会/宇都宮で18日と来月
(2006/11/10, 下野新聞, 11ページ)

知的財産啓発セミナー、団塊世代の未来づくり懇談会、他(インフォメーション)
(2006/11/14, 日本経済新聞 地方経済面 (栃木), 42ページ)

「SOHOしずおか」が販路開拓支援を拡大−17日、茨城の中小企業と静岡で
交流会(2006/11/15, 静岡新聞社 朝刊, 22ページ)

都市再生 提言 <4> 徳山大経済学部教授(ベンチャー企業論) 稲葉和也さん
(2006/11/15, 中国新聞朝刊, 25ページ)

10企業・団体を選出 県の「はぐくみ支援企業」
(2006/11/15, 徳島新聞朝刊, 3ページ)

まちづくり三鷹など、17日からSOHOフェスタ
(2006/11/15, 日刊工業新聞, 30ページ)

まちづくり三鷹、地域貢献担う独創的事業コンテスト開催
(2006/11/15, 日刊工業新聞, 30ページ)

国の雇用創出事業、奈半利町を採択、体験観光案内の研修など。
(2006/11/17, 日本経済新聞 地方経済面 (四国), 12ページ)

女性向け夢・実現創業セミナー、他(インフォメーション)
(2006/11/17, 日本経済新聞 地方経済面 (東京), 15ページ)

SOHO交流会、東京・三鷹で54社参加、きょう開幕。
(2006/11/17, 日本経済新聞 地方経済面 (山梨), 25ページ)

(バトンタッチ 近江八幡市長選を前に:上)景観 子孫に残す、終の栖 /滋賀県
(2006/11/17, 朝日新聞 朝刊, 30ページ)

近江八幡市政の課題:/下 「ザ・ファースト」の取り組み /滋賀
(2006/11/19, 毎日新聞 地方版, 23ページ)

Shizuoka経済ナビ=中小企業がM&Aに関心−競争激化、後継者難
(2006/11/19, 静岡新聞社 朝刊, 23ページ)

公共を競うテストの現場(上)市場化テスト、地方で加速――すべて民に問う。
(2006/11/21, 日本経済新聞 朝刊, 5ページ)

佐賀県の市場化テスト1号提案、採否、年内に決定、SOHO支援関連業務。
(2006/11/21, 日本経済新聞 地方経済面 (九州B), 14ページ)

相模原市産業振興財団、25日にSOHOサロン
(2006/11/21, 日刊工業新聞, 28ページ)

特集・2006年 第47回建築業協会賞(7)
(2006/11/21, 建設通信新聞)

男性の子育て促進へ 職場の意識改革、達成なら助成金 厚労省
(2006/11/22, 産経新聞 東京朝刊, 2ページ)

オフィス家具・文具 こだわり派が増加 個人に照準、メーカー知恵比べ
(2006/11/22, 産経新聞 東京朝刊, 8ページ)

イトーキのオフィス家具『FlowLounge』
(2006/11/22, 産経新聞 東京朝刊, 22ページ)

男性子育て 意識改革 厚労省 中小企業支援 会社で成果 年50万円
(2006/11/22, 産経新聞 大阪朝刊, 3ページ)

県内学生が研究発表/とちぎ大学連携サテライトオフィス/来月、宇都宮で産学
交流 (2006/11/22, 下野新聞, 10ページ)

企画[みなみのカレンダー]22日(水)
(2006/11/22, 南日本新聞朝刊, 17ページ)

[ひと紀行]酒蔵(1)二本松「奥の松酒造」 海外でも人気=福島
(2006/11/23, 東京読売新聞 朝刊, 34ページ)

京都経済特集――経営の感度高く、「社会と共生」根付く、雇用・教育…広く支援。
(2006/11/24, 日本経済新聞 朝刊, 24ページ)

オフィス備品に“私のこだわり” デザイン性追求、オーダーメードも
(2006/11/24, 産経新聞 大阪朝刊, 9ページ)

デジタル家電即売大手15社 あすからヤマダ電機 グリーンドームでフェア
(2006/11/24, 上毛新聞, 9ページ)

企画[みなみのカレンダー]24日(金)
(2006/11/24, 南日本新聞朝刊, 10ページ)

ヤマダ電機、デジタル家電フェア開催、グリーンドーム前橋で。
(2006/11/25, 日本経済新聞 地方経済面 (群馬), 43ページ)

無人ヘリで高精度測量*室工大など共同研究*防災マップに活用
(2006/11/25, 北海道新聞朝刊地方, 27ページ)

キャリア教育の実践評価、文部科学大臣賞を受賞−SOHOアットしずおか
(2006/11/25, 静岡新聞社 朝刊, 23ページ)


【雑誌】

特集−この17人と考える暮らしとデザイン−第2部−
(2006/10/24, 日経デザイン, 54〜63ページ)

新製品−セキュリティ−社外から安全にLAN接続接続可能な端末を認証
(2006/11/01, 日経コミュニケーション, 131ページ)

(仕事と子育て)兄弟姉妹が別々の園になる理不尽 保育園入園ウォーズ、今年も
(2006/11/06, AERA, 40ページ)

【書籍】

“Emotions At Work: Theory, Research And Applications For Management”
R. L. Payne (October 30, 2006), John Wiley & Sons Inc
$41.50, ISBN:0470023007

“Advanced Topics in Information Resources Management”
Mehdi Khosrow-Pour (Ed) (November 15, 2006), Idea Group Publishing
$89.95, ISBN:1591409292

“The Sustainable Enterprise: Profiting from Best Practice”
Jonathan Reuvid (Ed) (November 30, 2006), Kogan Page
$79.95, ISBN:0749446439


  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
             ● 編集後記 ●
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 J@TSニューズレターが隔月刊から月刊に衣替えしてから1年が経ちました。
新企画の幹事小論もなんとか継続しています。とは言え、人数も有限ですから
間もなく一回りします。というわけで、今後の新コンテンツの企画が必要な時
期が迫ってきました。
 一年前のこの欄、國井副代表幹事の編集後記には、「一方的な情報発信に留
まらないように心がけたい」とありました。そろそろ、より広く会員の皆様に
も参加いただくことを企画してもいい頃かと思います。多様な視点からの寄稿
が継続的に載るようになれば、編集する側も楽しいなとか、毎回のエッセイ寄
稿者が次号の寄稿者を指名する「友達の輪」方式にしたらどうだろうかとか、
勝手な思いを巡らせています。ご意見やアイデアをお持ちの方があれば広報部
まで是非ご一報下さい。
                          (広報部・岸本)

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  J@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TS
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  〒152-8552 東京都目黒区大岡山2-12-1
  東京工業大学 イノベーションマネジメント研究科 比嘉研究室内
  日本テレワーク学会 事務局(本部)
  URL: http://www.telework-gakkai.jp/
  e-mail(事務局): jats-enquiry@telework-gakkai.jp
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  J@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TSJ@TS
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






閉じる
Copyright(C) Japan Telework Society