=======================================================================

     JJJJJJ    a@@@@a  TTTTTTTTTT   sSSSs

        JJ     @    a @     TT      SS   SS  日本テレワーク学会(J@TS)

        JJ    @   @@@  @    TT       SS    NewsLetter

        JJ    @  @  @ @     TT         SS      J@ts-News Vol.19

        JJ    @   @@@@     TT          SS     発 行:2002年 8月

    JJ  JJ     @            TT      Ss   Ss  発行人:大西 隆

     JJJJ       @@@@@@      TT       SSSSS   編 集:広報部



=======================================================================



              ■ 目 次 ■

  ――――――――――――――――――――――――――――――――



           ○研究部会報告

           ○テレワーク関連情報

           ○シンポジウム案内

           ○第8回幹事会報告

           ○編集後記





  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

             ● 研究部会報告 ●

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



 学会にて活動中の研究部会の活動状況の報告です。



◆人的資源管理とテレワークに関する研究部会(通称:HRM部会)



【今後の予定】

 10月8日 :HRM部会主催J@TS懇話会

         滋賀大学 太田 肇 先生

         会場:ニッセイ基礎研究所6階AV会議室

         注意:スピーカーの都合で変更の可能性あり

 11月12日:来年の発表大会に向けた研究案の打ち合わせ

         会場:日本テレワーク協会

 12月10日:研究案決定→作業分担決定

         会場:日本テレワーク協会

 1月〜3月 :論文執筆に向けたディスカッション

 4月    :執筆

 5月    :論文提出



【これまでの開催】

 2月:HRMの主たる課題とテレワークの関連性に関するディスカッション

 3月:アメリカのテレワーク事情(下崎先生による発表)

 4月:オランダのワークシェアリング(吉澤氏による発表)

 5月:『人材経済学』を読む(全員による輪講スタイル)

 6月:テレワークと労働法に関するゲストレクチャー(西澤先生)

 7月:「人材の囲い込み」と「組織規模」の議論(小豆川・野口リポーター)



                                           (記 HRM部会 スピンクス)





◆e-Learning 研究会



【当面の予定についてお知らせ】



 「e-Learningの最近の動向と課題を探る」というテーマで,e-Learning に

関わりの深い人をお招きし、講演会・ワークショップを開催いたします。数回

の開催を予定しています.



詳しい情報については、http://homepage3.nifty.com/tanabu/ にて公開予定。



                                      (記 e-Learning 研究会 田名部)





   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                     ● テレワーク関連情報 ●

   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



  会員の研究活動に資するため、最近の主な新聞・雑誌に掲載されたテレワー

ク関連記事や書籍情報について、広報部にてデータベース検索したものを掲載

します。(検索対象期間:2002年6月中旬以降)



【新聞】



企画[地域情報]鹿児島県中小企業団体中央会SOHO講演会

( 2002/06/10, 南日本新聞朝刊, Page 6 )



[ベンチャー新世紀]ホームページ制作SOHO事業者協組 会員増が成功のカ

ギ

( 2002/06/11, 大阪読売新聞朝刊, Page 10 )



テレビ川口、地域情報サイトでSOHOをFCに--IT起業家育成支援。

( 2002/06/12, 日本経済新聞地方経済面, Page 40 )



◎SOHO協を設立 県内の事業者ら 受注機会の拡大狙う(島根県)

( 2002/06/12, 中国新聞朝刊, Page 23 )



前橋--SOHOへの発注、群馬県が潜在需要調査(縦断VB列島)

( 2002/06/13, 日経産業新聞, Page 17 )



【快適すまい】NEWS 公団SOHO住宅募集

( 2002/06/15, 産経新聞東京朝刊, Page 24 )



SOHO事業応援*支庁*発注企業と交流推進

( 2002/06/17, 北海道新聞夕刊地方, Page 1 )



プラス、SOHO向け組み立て家具--在宅勤務者取り込む(伸ばせ次代の収益源)

( 2002/06/18, 日経産業新聞, Page 17 )



<エコノミー最前線 さんぎょう・びじねす>旭川SOHO協 2カ月

( 2002/06/18, 北海道新聞朝刊地方, Page 25 )



来月1日から入居募集 高岡市SOHO支援センター

( 2002/06/18, 北國新聞, Page 3 )



YOKOHAMAインキュ入居者会、7月18日からSOHO祭

( 2002/06/19, 日刊工業新聞, Page 36 )



公的SOHO支援施設、運営曲がり角--人集う仕掛け作り必要に(アングル静岡)

( 2002/06/21, 日本経済新聞地方経済面, Page 6 )



山梨県都留市と市商工会、SOHO支援拠点--低料金のオフィス整備。

( 2002/06/21, 日本経済新聞地方経済面, Page 25 )



三島、浜松に空室計5室-SOHO支援施設、県が入居者獲得へPR

( 2002/06/21, 静岡新聞社 朝刊, Page 26 )



さいたまSOHO起業家協議会、インキュベーション施設を学生に無料提供

( 2002/06/21, 日刊工業新聞, Page 35 )



SOHO--IT活用する個人事業者(キーワードQ&A)

( 2002/06/22, 日経流通新聞MJ, Page 5 )



オフィス家具、SOHO狙え--SOHOワーカー急増、2005年に845万人へ。

( 2002/06/25, 日経流通新聞MJ, Page 3 )



オフィス家具、SOHO狙え--プラス、クリック&モルタル競う。

( 2002/06/25, 日経流通新聞MJ, Page 3 )



起業家と投資家の交流会 来月、SOHO横浜で=神奈川

( 2002/06/26, 東京読売新聞朝刊, Page 31 )



<地域の経済>岩見沢*利用好調テレワークセンター*IT好環境が人気*

( 2002/06/26, 北海道新聞朝刊全道, Page 11 )



パソナ子会社など、新会社設立、SOHO向け福利厚生・保険。

( 2002/06/27, 日本経済新聞朝刊, Page 11 )



和歌山・橋本市、SOHO入居者募集。

( 2002/06/27, 日本経済新聞地方経済面, Page 9 )



繊維問屋街、大阪・船場--伝統産業に手詰まり感、SOHO需要(ルポ地域雇用)

( 2002/06/29, 日本経済新聞地方経済面, Page 46 )



新潟市、にいがたSOHO--IT・経営互いに学ぶ(新人脈地脈)

( 2002/07/01, 日経産業新聞, Page 20, )



長谷川陽子さん SOHO仲間の輪広げよう(ひと東西南北)/島根

( 2002/07/01, 朝日新聞朝刊, Page 302 )



無給避け「在宅」「有休」(仕事と介護 40社アンケート:下)

( 2002/07/02, 朝日新聞朝刊, Page 23 )



KANデジ、共同受注体制整備へ組合員拡大を積極化

( 2002/07/02, 日刊工業新聞, Page 35 )



竣工特集・シティーコート目黒/都市公団東京支社

( 2002/07/02, 建設通信新聞),



SOHOプラザ、起業家向けに講演会。

( 2002/07/03, 日本経済新聞地方経済面, Page 46 )



ベンチャーに貸部屋提供 日立地区産業支援センター 低料金と好評=茨城

( 2002/07/05, 東京読売新聞朝刊, Page 33 )



SOHOで倍率83倍「シティコート目黒」都市公団

( 2002/07/05, 住宅新報, Page 1 )



テレワーク推進賞、静岡県内のSOHO、推進協など受賞。

( 2002/07/06, 日本経済新聞地方経済面, Page 6 )



静岡県など開設のSOHOサイト、会員登録1000件へ。

( 2002/07/06, 日本経済新聞地方経済面, Page 6 )



SOHO静岡などにテレワーク協奨励賞

( 2002/07/06, 静岡新聞社 朝刊, Page 25 )



経済フラッシュ/SOHO講演会受講者を募集/県産業振興公社

( 2002/07/07, 琉球新報朝刊, Page 9 )



松下電工販社、出社、週2回まで、営業勤務、SOHO型導入。

( 2002/07/08, 日本経済新聞朝刊, Page 12 )



都留市がセンターを開設 中小企業家を支援--事務所貸し出しやPRも/山梨

( 2002/07/08, 毎日新聞地方版, Page 23 )



テレワークの労働人口、5年後に倍増へ-日本テレワーク協会が予測

( 2002/07/08, 日刊工業新聞, Page 2 )



テレワーク人口、07年に560万人規模、今後の5年間で倍増

( 2002/07/08, 電気新聞, Page 3 )



◎SOHO活性化へ交流 国泰寺倶楽部 広島クラブ 19日、スライドや落語 中区

( 2002/07/09, 中国新聞朝刊, Page 24 )



◎SOHO活性化へ交流 19日にスライドや落語 広島の2団体

( 2002/07/10, 中国新聞朝刊, Page 21 )



国交省、今年度の地域活性化施策費 7億3600万円計上

( 2002/07/10, 日本工業新聞, Page 15 )



NCG 電子地図入力 SOHO作業者を活用 低コストシステム構築

( 2002/07/10, 日本工業新聞, Page 18 )



ナビット、SOHO動員しオーダーメードの地図情報を作成

( 2002/07/11, 日刊工業新聞, Page 29 )



SOHOイベント、広島市内で19日開催。

( 2002/07/12, 日本経済新聞地方経済面, Page 23 )



SOHOをのぞこう*27日、北見でシンポ*iモード生みの親*松永真理さんが講演

( 2002/07/12, 北海道新聞朝刊地方, Page 29 )



育て 情報産業の芽/会津地域SOHO支援センター、15日発足/会津若松

( 2002/07/13, 河北新報朝刊, Page 15 )



小松市でSOHO事業者セミナー

( 2002/07/13, 北國新聞, Page 27 )



しずおかSOHOクラブ会員が千人を突破-事業者支援サイト

( 2002/07/13, 静岡新聞社 朝刊, Page 23 )



SOHO支援のセンター開設 会津若松 /福島

( 2002/07/14, 朝日新聞朝刊, Page 35 )



プラスソフト社長竹花利明氏--営業力はSOHO仕込み(談話室)

( 2002/07/16, 日経産業新聞, Page 25 )



オフィス家具メーカーが新ブランド、SOHOを狙え--SOHO攻略3カ条。

( 2002/07/16, 日経流通新聞MJ, Page 15 )



オフィス家具メーカーが新ブランド、SOHOを狙え--コクヨ、ブース。

( 2002/07/16, 日経流通新聞MJ, Page 15 )



福岡SOHOサポートセンター、18日に「SOHOマネジメントセミナー」

( 2002/07/16, 日刊工業新聞, Page 39 )



木更津市、SOHO事業者支援強化、受注仲介の代理業者育成-地域外に積極PRも

( 2002/07/17, 日本経済新聞地方経済面, Page 39 )



SOHO人材バンク、協会、来春スタート--認定試験、技能を公開。

( 2002/07/17, 日経産業新聞, Page 1 )



東誠不動産、東京・千代田区にSOHO向け賃貸マンション建設

( 2002/07/17, 日刊工業新聞, Page 21 )



しずおかSOHOクラブ、ネット会員1000人を突破

( 2002/07/18, 日刊工業新聞, Page 39 )



SOHO国泰寺倶楽部の福田稔IM-後継者を育てます

( 2002/07/18, 日刊工業新聞, Page 39 )



SOHO事業者、横浜で交流祭。

( 2002/07/19, 日本経済新聞地方経済面, Page 26 )



[やさしい社会保障]在宅ワーク 通勤地獄なくはかどる 技術ないと低報酬

( 2002/07/19, 東京読売新聞夕刊, Page 21 )



<解>SOHO

( 2002/07/19, 東京読売新聞夕刊, Page 21 )



インタビュー/SOHO技術研究所・畑眞八郎社長「仲間との交流が連帯感育む」

( 2002/07/19, 日刊工業新聞, Page 34 )



かながわIT推進協、SOHOの販路開拓支援。

( 2002/07/20, 日本経済新聞地方経済面, Page 26 )



◎SOHO連携へ応援団 徳山であす結成イベント

( 2002/07/20, 中国新聞朝刊, Page 33 )



定年後の生きがいづくり--SOHOで手軽に起業、パソコン経験活用(日曜版)

( 2002/07/21, 日本経済新聞朝刊, Page 27 )



◎福岡県/テレワーク普及に貢献、奨励賞を受賞 小倉北区のエリアス/北九州ワ

 イド

( 2002/07/22, 西日本新聞朝刊, Page 22 )



イトーキ子会社、店内無料LAN導入、SOHO家具の販促策に。

( 2002/07/23, 日経流通新聞MJ, Page 17 )



網走支庁と北見市、北見でSOHOシンポ。

( 2002/07/24, 日本経済新聞地方経済面, Page 1 )



山口市などの9人が「SOHOの会」結成 人脈づくり目的に=山口

( 2002/07/24, 西部読売新聞朝刊, Page 29 )



[特集]役立つ住宅情報 ハウジング・ミニ情報 SOHO向け賃貸マンション

( 2002/07/25, 毎日新聞朝刊, Page 15 )



SOHOシンポで主婦の輪広げよう*受注分担や情報交換ネットワークづくり*北見

( 2002/07/25, 北海道新聞朝刊地方, Page 23 )



かながわIT産業推進協 ネットでSOHO事業者支援 あす厚木で説明会

( 2002/07/25, 日本工業新聞, Page 25 )



ネットでSOHO連携、多摩中小企業振興センター、受発注拡大へ交流会。

( 2002/07/26, 日本経済新聞地方経済面, Page 15 )



29日にテレワークシンポ/県産業振興公社

( 2002/07/26, 琉球新報朝刊, Page 9 )



131倍の高倍率、SOHO住宅募集結果都市公団「シティコート目黒」

( 2002/07/26, 住宅新報, Page 12 )



和歌山市が空き事務所の入居募集 光ファイバー高速ネットを完備=和歌山

( 2002/07/27, 大阪読売新聞朝刊, Page 27 )



しずおかSOHOクラブの利用者が増加 ビジネスチャンスが拡大、起業家誕生も

( 2002/07/27, 静岡新聞社 朝刊, Page 23 )



山梨県都留市、SOHO支援施設(情報プラス)

( 2002/07/29, 日経産業新聞, Page 29 )



[あの人この人話題の人]SOHOを応援する会代表 藤川美雪さん=山口

( 2002/07/29, 西部読売新聞朝刊, Page 26 )



就業機会拡大へ推進を/SOHO・テレワークでフォーラム/事業展開の意義強調

( 2002/07/30, 琉球新報朝刊, Page 9 )



高知にSOHO支援施設(情報プラス)

( 2002/07/31, 日経産業新聞, Page 25 )



<経済ストリート>起業ブームが後押し*自宅でパソコン 増える札幌のSOHO

( 2002/07/31, 北海道新聞朝刊地方, Page 27 )



◎福岡県/「SOHO」実践セミナーに50人 福岡市/ふくおか県総合

( 2002/07/31, 西日本新聞朝刊, Page 27 )



◎在宅勤務仲介 障害者を支援 熊本県あすから実験 九州初 IT分野で参加者募集

( 2002/07/31, 西日本新聞朝刊, Page 33 )



長岡のSOHO起業家育成事業、新潟県内3人、長野1人選出。

( 2002/08/02, 日本経済新聞地方経済面, Page 22 )



長岡、SOHO支援施設に4人入居(情報プラス)

( 2002/08/02, 日経産業新聞, Page 21 )



頑張れ!SOHO 都留に支援センター開設=山梨

( 2002/08/02, 東京読売新聞朝刊, Page 27 )



原田孝行インターオフィス社長/大盛況だったバラガン展を全面支援

( 2002/08/02, 日刊建設工業新聞, Page 12 )



SOHO施設テーマに9月9日から募集開始/新潟士会競技設計

( 2002/08/06, 建設通信新聞)



SOHOやVB拠点、金沢市、武蔵地区の業務施設懇で素案。

( 2002/08/07, 日本経済新聞地方経済面, Page 8 )



いわきTWC、データ入力受託拡大、スタッフ3倍に、月50万件めざす。

( 2002/08/07, 日本経済新聞地方経済面, Page 24 )



在宅ワーク ネットで受注*北見のワイズスタッフ SOHO事業活性化へ

( 2002/08/08, 北海道新聞朝刊地方, Page 26 )



◎ひとこと 在宅業務者の連携を(山口県)

( 2002/08/08, 中国新聞朝刊, Page 26 )



SOHO技術研究所、秘書サービスなどテレワーク支援施設を拡充

( 2002/08/08, 日刊工業新聞, Page 27 )



SOHO向け小規模事務所、徳島県が開設。

( 2002/08/09, 日本経済新聞地方経済面, Page 12 )



「ひと」初のSOHO住宅に携わった都市基盤整備公団調査役藤野芳夫

( 2002/08/09, 住宅新報, Page 4 )



「今週のことば」SOHO住宅

( 2002/08/09, 住宅新報, Page 4 )



パソコンで勝負 難関CAD最高齢合格の石本さん、SOHO起業3年=静岡

( 2002/08/10, 静岡新聞社 夕刊, Page 2 )



3セク「まちづくり三鷹」中小の技術開発支援-まず産学共同の超微細手術用具

( 2002/08/13, 日本経済新聞地方経済面, Page 15 )



障害者の在宅就労支援、参加者と企業を募集 県、10月から/熊本

( 2002/08/14, 朝日新聞朝刊, Page 23 )



<いきいき通信>函館支部も交流にひと役*道SOHOフェスに参加

( 2002/08/14, 北海道新聞夕刊地方, Page 12 )



受注拡大でSOHO支援/初年度300人会員目指す/マイクロビジネス協設立

( 2002/08/14, 琉球新報朝刊, Page 7 )



長岡市、SOHO支援 民間ホテル借り上げ、来月スタート /新潟

( 2002/08/15, 朝日新聞朝刊, Page 23 )



NTTコム、ICカード利用した新在宅勤務のトライアルを実施

( 2002/08/15, 日刊工業新聞, Page 1 )



梅光学院大の移転跡地、起業の拠点に校舎活用、山口・豊浦町検討委が概要

( 2002/08/16, 日本経済新聞地方経済面, Page 11 )



高岡の支援センター「SOHO」もっと使って! 割安料金、でも契約ゼロ=富山

( 2002/08/17, 東京読売新聞朝刊, Page 33 )





【雑誌】



変わる中小企業--いま企業が求める金融サ−ビスを解く(3)

マイクロビジネス"SOHO"に見るビジネスチャンス

( 2002/06, 近代セ−ルス, 47(11), 56〜58, 鹿住倫世, 近代セ−ルス社 )



Selected Shorts - 利用したい情報通信サービス

( 2002/06/03, 日経エレクトロニクス, Page 46 )



プロダクト・プロファイル−最新製品レビュー−

 eビジネス・スタートアップシリーズ

( 2002/06/10, 日経ネットビジネス, Page 98 )



SOHO・フリ−ランスのためのデジタルコックピットのつくり方(3)

 ネットワ−ク構築編

( 2002/07, Web & publishing編集会議, 16, 76〜79, 野村弘明, 宣伝会議)



特別編集版−日本経済 陽はまた昇った-日本経済「人」から始まる復活●日本

 を刺激

( 2002/07/01, 日経ビジネス別冊, Page 196〜197 (2) )



IT オキナワSOHO 島に移住する技術者

( 2002/07/29, Aera, 15(32), 48〜52, 斎藤義浩, 朝日新聞社 )



SOHO・フリ−ランスのためのデジタルコックピットのつくり方(4)

インタ−ネットへの接続環境の構築

( 2002/08, Web & publishing編集会議, 17, 72〜74, 野村弘明, 宣伝会議 )



ADSLでSOHO環境を整えよう−第5回−セキュリティを強化する−第5回

( 2002/08/08, 日経Linux, Page 129〜139 (11) )





【書籍】



「営業のビタミン-仕事やお客さんがどんどんやってくる W-SOHOブックス

 (第2巻)」, 和田裕美(2002/06), ひつじ書房, 600円, ISBN: 4894761696



“Teleworking & Telecommuting”

  Jeffery D. Zbar (June, 2002), Made E-Z Products

  $14.95, ISBN: 1563825198



「ステキなマネープランニング」-401k時代の生活設計と投資のノウハウ

 SOHO支援計画 MONEY編 吹田朝子著(2002/07), ハルアンドアーク, 1,400円

ISBN: 4939039099



“The Business Guide to Telecommuting:

  Send Your Staff Home, Reduce Costs and Build Dynamic Work-Practice”

  Jason Gregg (March, 2003), Allen & Unwin Pty., Limited (Australia),

  $14.95, ISBN: 1875889590





【その他(会員提供のWebPage情報など)】



◇「雇用型テレワーク」に関する調査報告(総務省)

  http://www.soumu.go.jp/s-news/2002/020705_4.html



◇ 産経新聞“「パート革命」で格差是正 厚労省が最終報告書”

  http://www.sankei.co.jp/news/020719/0719sei058.htm





                                              (記 広報部 野口・國井)





  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

             ●シンポジウム案内●

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



 会員提供によるシンポジウム案内情報です。



◇10月15日にE-コマースに関するシンポジウムを開催予定です。

講師はB2Cの成功事例としてヒーローモータースの城間社長、B2Bの成功

事例としてラクーン(オンライン激安問屋、スーパーデリバリィ)の小方社長。

ご存知の方も多いとは思いますが両事例とも秀逸な成功例です。



場所:東京工業大学百年記念館フェライト会議室(大岡山キャンパス)

日時:10月15日(火)13:00〜17:00

1部:3講演(30分×3、比嘉、城間、小方)

2部:パネルディスカッション(Q&Aを含めたインタラクティブなもの)

入場料:無料

事前申込み:不要。ただし、立ち見が出る可能性がありますので席を確保した

      い方はお早めに。受付開始時間は12:30を予定しています。



本シンポジウムについての詳細な案内は東京工業大学比嘉研のHPに9月9日

から掲載予定です。





  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

             ●第8回幹事会報告 ●

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



 日本テレワーク学会幹事会 第2期第8回議事録



日時:2002年7月1日(月)15:00_16:00

場所:ニッセイ基礎研究所 会議室

出席者:(敬称略、括弧は委任状)

    荒木智行、市川宏雄、(植野和文)、大西隆**、

    岡辺重雄、(岸本章弘)、國井昭男、(小島敏宏*)、

    (佐堀大輔)、(柴田郁夫)、小豆川裕子、W.A.スピンクス、

    野口邦夫*、(比嘉邦彦)、松岡輝美、松村茂、

    山本喜則*

    (以上幹事 ** 代表幹事、* 副代表幹事)

    松岡温彦、吉田憲正(以上監事)

    竹中(事務局)、菅(書記)



■当初議題

  1. 入退会について

  2. 発表大会について

    ・総会関係

    ・懇親会

    ・発表大会

  3. 各委員会報告

  4. その他

    ・九州での活動

    ・新入会員のメールアドレス

    ・今後の学会活動



■配付資料

  議事・入退会者名簿(省略)

  2001年度会計報告書

  2001年度活動報告

  2002年度学会予算案

  2002年度活動計画(案)



■議事

【確認事項】

・定足数の確認



【入退会について】

資料の4名に加えて、秋山(ひろあき)さんを加えて、新規に個人会員5名が

入会。企業会員が1社退会



【発表大会について】

・総会関係

 総会に提出する議案を、確認し、必要なものは幹事会で議決したい。

 2001年度会計報告は前回から変更はない。

 2001年度活動報告について、追加するものがあれば提案してほしい。

 予算案は前回の議論を受けて、研究部会費を一部会あたり5万円に拡充し

た。この分を繰り越し金から補った。

 活動計画(案)7月6日づけになっている。

 規約改正案については、第4項に年度後半に入会した場合会費を半額にする

ことを追加した。

 ちなみに総会については、現在発表大会には49名、懇親会に28名が参加

予定。総会が29名、委任状が25名。このままであると仮定すると総会出席

者は54名となり、(定足数の)5分の1を満たすので成立する。



(活動報告)

 文章は修文するが、項目で追加する事項があれば伺いたい

 →サーバは管理委託と書いてあるが、サーバの機材は外部にあるが、管理運

営は内部でやっている。

 荒木さんが異動になったが、管理運営は大丈夫か?

 →インターネットがつながっていれば大丈夫



(活動計画)

 予算に含まれている項目は入れたが、他に追加するべきものがあるか

 →研究部会には具体的な名前を入れた方がいい。

 これらの議案については会員にも知ってもらいたいので、HPの方に掲載した

い。会員にはメール(ニュース)で掲載したことを通知する。



(規約改正)

 改正の内容を先に説明している方がわかりやすい。

 →そのように修正する。改正後すぐに会費を収集することにしたい。

 過半数となっているが5分の1で成立するのか?

 →出席者の過半数ということ。規約の文章も「過半数の議決」という表現に

なっている。

 会費についての請求書は?

 →メールで出す

 領収書はもらえるのか

 →要請があればあとから送る。

 規約改正については、幹事会の議決が必要である。以前から確認しているが、

改めて、この改正案が幹事会で議決された事を確認する



・懇親会

 懇親会出席者は28名だけか?

 →メールは70通位しか返ってきていない。

 →40人で考えていた。部屋は50から70名。部屋よりは料理が問題。

 去年は出席をとらなかったが、40人は集まった

 →40人で予約することにする。

 →幹事に一任する。極力出席してもらうように勧誘する。会員以外の人にも

できるだけ出席してもらうようにしたい。



・発表大会

(資料)

 ページ数が150ページになったことと部数を増やしたため、予算は27万

円位になった。

 300部頼んで、200部を会場に、100を事務局に送ることにした。

 →去年トラブルがあったので、配達注意していただきたい。

 会員には無料、会員以外には2000円で売る。

 当日のプログラムと有用な情報を別で印刷して配ることを考えている。

 案内用等のポスターは準備している。

 テレワーク協会の資料は協会で準備して直接持参する。



(受付関係)

 学生は6名確保した。受付は三階に設置するが、分かるように掲示を出す。

8時から準備なので、受付担当は8時半頃に3号館の6階には来てほしい。

 当日の緊急連絡先は大会委員、当日以前はスピンクスさんの研究室と連絡し

ている。当日になにかあれば大会委員の携帯まで連絡してほしい。

 受付の昼食の手配は。

 →9号館の2階に食堂がある。受付には学生を一人つけるので、何でも言い

付けてほしい。生協もあいているし、すぐ目の前にコンビニもある。

 事例発表も200部用意することにする

 封筒に予稿集・プログラムと一緒に(事例発表資料も)いれる。学会の封筒

はアドレスが古いままなので、変更のシールなどが必要。

 →手直しして古い封筒を使う。最悪の場合はそのまま使う。



(発表機材)

 OHP等を使用したいという人はいなかった。

 ラップトップを接続したいという人がいるが大丈夫か?

 →問題ない。

 →事前にテストしていただくようお願いしている。



(名札)

 名札は首から下げるものを150人分用意できる。

 →帰りに返却してもらうように周知したほうがいい。

 懇親会のお金はいつ受け取るのか?

 →受付のときにいただいて、シールを貼ることにする。

 懇親会に受付は必要か?

 →簡単なものでかまわない



(参加費・会費関係)

 会費は受け付けないと案内している。会員以外の方は、参加費2000円と資料

代2000円のあわせて4000円を徴収する

 入会希望者の扱いは?全員からお金をもらって、会員になった人には後で充

当するのがよい。

 分かるように紙に書いて掲示するのがよい。



 参加者を増やすために、情報系の学会に特別に無料として案内することを考

えている。

 会員・非会員を区別できないし、複雑になる。割引は無いほうがいい。

 候補には、メーリングリストがある社会情報学会、情報文化学会などを考え

ている。10人位来てくれないかと期待している。あとは学生を勧誘していた

だきたい。今後の課題として、無料招待券やDMなども考えたほうがいいと思う。



 テレワーク協会事例だが、無理に土曜日にお願いしたので謝礼をお願いした

い。一人2万円で4万円位。

 →大会費が3、4万円くらい余る見込み。



【各委員会報告】

 東大にある昔のMLのアドレスを廃止したい。

 →(異論なし)



【その他】

・九州での活動

 今日資料を用意していないが、前回の福岡とのイベント共催の話の続き。

 福岡市はサロンに似たものを作っている。担当の生活労働部の新雇用開発課

長と開発係長にあった。何かイベントを一緒にやりたいという意向を伺った。

 北九州テレワークセンターは立派な施設になっていて、大企業等の企業のス

ペース・SOHO・インキュベーション施設と会議室がある。起業を奨励する

ことが狙いで専業の職員もいる。

 2つの施設はあまり接点はないようで、両方を同時に対象にするのは適切で

ないかもしれない。九州で活動するときの拠点になる。比嘉先生に最初話がい

ったときは総会をやってほしいということだったが、それは無理と伝えている。

 北九州テレワークセンターは、独自で比較的大きなイベントを持っている。

福岡県の久留米等も箱ものはないが、積極的に導入している。九州では他に大

分県と宮崎県がソフト系のインキュベーションセンターの取り組みをはじめた

が、他の県ではない。

 研究者が集まる仕掛けができると、学会にも入ってもらえると考えている。

 百道のインキュベーションセンターには事業化されている方が集まっている。

 北九州の方は、磐城テレワークセンターとつながりがある。

 北九州はSOHO系は少ない。主として企業誘致のスペースとして使っている。

 問題は学会の活動をアピールする機会はあるが、担当するスタッフがいない

こと。

 九州には大学も多く、地元の大学人などの人材を発掘する意味がある。イベ

ントも1回共催でやるだけならば、負担が少ないやり方も可能。関西では懇話会

を開催した。

 テレワークを推進しようとする企業が九州にあまりない。通勤問題も深刻で

ないのでテレワークがはやらない。それ以外の県の企業だと情報化もあまり進

んでいない。

 テレワーク協会では九州でもイベントを散発的にやっている。予算決定が遅

くて難しい。

 一部には動きはある。SOHOで効率化して安くできるという評価もある。

大学の人の話はあまり聞かない。

 本当はパネルディスカッションに一人きてもらうといい。比嘉先生とも相談

しながら継続協議として、チャンスがあれば検討したい。

 東南アジアと日本の企業を扱っている人がいる。

 北九州のテレワークセンターには学会のメンバーになってほしい。



・新入会員のメールアドレス

 会員の中で、新入会員候補者でメールアドレスがない方がいる。規約上は入

会はできるが、会員に対する情報伝達ではメールやHPを活用するとなっていて、

サービスが低下してしまう。最低限の連絡をする必要もある。

 →Hotmailなどでアドレスをつくってもらう。



・その他

 大会後に研究会の責任者の方に本格的に活動していただくようお願いしたい。



・今後の学会活動

 テレワーク協会はどのような活動をするか

 →企業系とマイクロビジネスの二本立て。前者は人事系を見直していただき

たいと思っている。後者はビジネスチャンスを増やす枠組みづくり。大企業の

脱会希望もある。銀行系も厳しい。

 本来マイクロビジネスに目をむけなければならない大企業が近視眼的になっ

ている。大企業中心主義を見直す必要があるのではないか。

 軽井沢でSOBO(best office)センターというあたらしい動きがある。アメ

リカなどで働いた若い人が、コストの安い軽井沢で活動するようになってきて

いて、その人達をあつめて情報交換をしている。

 リゾートオフィスの新しいかたち。カントリーオフィスという言葉もある。

 プロバイダもUターンした人がやっている。

 高い建物がない湯布院で無線の実験をやった。京都でも町屋の空き家をSO

HOのようなものにすることがはやってきている。ある程度都市化がすすんで、

住み心地がいいところが注目されている。別府では5000万くらいでホテル

が売りに出てきており、その活用を考えている。

 むかし国土庁がそのような事例の発掘作業をやっていた。今は継続的にやっ

ている団体がないので、研究発表大会は事例的なものをやるほうがいいかもし

れない。



【次回日程】

(原則第二月曜)

 9月9日

 11月11日

 1月20日(第三月曜)



(閉会)





 *******************************************************************



◆編集後記



 近頃、巷に増えつつあるホットスポット。確かに外出先から無線LAN経由

で快適にネットにアクセスできるのは便利そうです。でも、その多くにセキュ

リティ対策が不十分とか。街中でEメールの内容を傍受するのもごく簡単なこ

とのようです。もともとEメールは郵便葉書程度のプライバシーしか無いと言

われていますが、さらに無線ネット経由になると、路上での日常会話のような

ものなのでしょう。テレワーク環境の選択肢が増えるのは大いに結構ですが、

そんなことをテレワーク反対派の言い分にされないためにも、利用者もしっか

り意識して使い分ける必要がありそうです。

                           (岸本章弘)





                       --広報部--

                         荒木智行

                         岡辺重雄

                         岸本章弘

                         國井昭男

                         野口邦夫



      =================================================



       日本テレワーク学会・事務局

       東京大学先端科学技術研究センター大西隆研究室

       153-8904 目黒区駒場4-6-1

       e-mail:   telework@urban.rcast.u-tokyo.ac.jp

       http://www.telework-gakkai.jp/

       電話03-5452-5171        FAX 03-5452-5170

      =================================================



閉じる
Copyright(C) Japan Telework Society