==========================================================================



    JJJJJJ    a@@@@a  TTTTTTTTTT   sSSSs

        JJ     @    a @     TT      SS   SS    日本テレワーク学会(J@TS)

        JJ    @   @@@  @    TT       SS     NewsLetter   

        JJ    @  @  @ @     TT         SS        J@ts-News 大会直前号外

        JJ    @   @@@@     TT          SS       発行:2001年5月

    JJ  JJ     @            TT      Ss   Ss   発行人:大西 隆 

     JJJJ       @@@@@@      TT       SSSSS    編集:広報・編集委員会



===========================================================================



                              ■  目 次  ■

          ――――――――――――――――――――――――――――  

     〇第3回日本テレワーク学会研究発表大会アドバンスプログラム

     〇J@TSワークショップのご案内

     ○研究発表で使える機器について

     ――――――――――――――――――――――――――――





       ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆



 第3回研究発表大会が間近くなってきました。発表論文のアドバンスプログラム

ができましたので、既にお知らせしたワークショップ案内とともに、お届けします。

 では、奮ってご参加のほど、お待ちしております。



                第3回日本テレワーク学会研究発表大会

                実行委員長  比嘉 邦彦







        ★日本テレワーク学会総会及び第3回研究発表大会案内★

 日 時:2001年6月2日(土曜日)10時から18時

 会 場:東京工業大学 大岡山キャンパス

         東京都目黒区大岡山,東急大井町線,東急目黒線大岡山下車1分

     

 [プログラム]:3セッション同時進行(1件30分質疑応答含)

 6月2日(土)於西3号館W321,W323,W331

  研究発表   −−−10時〜12時(発表件数小計12件)

  昼食

   研究発表      −−−13時〜15時(発表件数小計12件)



  ワークショップ

         −−−15時10分〜17時10分(西2号館W242)

   総会          −−−17時10分〜18時(西2号館W242)



  懇親会    −−−18時30分〜  (百年記念館)



  参加費 : 無料

  資料代 : 2000円(会場にて支払い)

  懇親会費: 5000円(会場にて支払い)

 





      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

      ● 第3回日本テレワーク学会研究発表大会アドバンスプログラム ●

     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





<セッションA> W321		



11:00-11:30 都市計画手法とIT、テレワークの統合に関する考察

       竹内佑一(財団法人計量計画研究所)                     

11:30-12:00 米国カリフォルニア州のテレコミューティングセンターに関する調査 

       出水田智子(会津大学コンピューター理工学部文化研究センター)

12:00-13:00 −−昼休み−−	

13:00-13:30 SOHO CITYみたか、その構想と現実に関する考察

       本山 玲(東京大学大学院工学系研究科)

13:30-14:00 リゾートオフィスの諸形態と地域の条件

       松岡温彦(湘南総合研究所)

14:00-14:30 場の構築と参画の分析 

          −メーリングリストを活用した新しい

                   市民活動による地域づくりー 

       松岡輝美(大分大学 経済学部)

14:30-15:00 九州沖縄地方におけるSOHOの実態調査および行政施策についての考察

       的野優紀子(アマランスネット代表)

              松岡輝美(大分大学 経済学部)



			

<セッションB> W323		



10:00-10:30 テレワーク人口調査に関する一考察(1)−前提としての「テレワー

             ク」の定義に関する検討

       柴田郁夫(青森大学経営学部)

              W.A.Spinks(東京理科大学工学部)

              堤 幸男、吉田憲正(社団法人日本テレワーク協会)

              佐堀大輔(キャノン株式会社)

              野口邦夫(株式会社東芝)

              渡邊隆人(株式会社社会基盤研究所)

10:30-11:00 テレワーク人口調査に関する一考察(2)−我が国および諸外国にお

             ける調査事例の検討	

       柴田郁夫(青森大学経営学部)

       W.A.Spinks(東京理科大学経営工学科)

       堤 幸男,吉田憲正(社団法人日本テレワーク協会)

       佐堀大輔(キャノン株式会社)

       野口邦夫(株式会社東芝)

       渡邊隆人(株式会社社会基盤研究所)

11:00-11:30 日本のテレワーク人口調査結果とその考察・パート2

       眞崎昭彦

              (株式会社富士総研研究所 経営コンサルタンツ・グループ)

11:30-12:00		

12:00-13:00 −−昼休み−−	

13:00-13:30 SOHO類型への提案

       W.A.スピンクス(東京理科大学経営工学科)

13:30-14:00 調査データの解析によるSOHOビジネスのタイプ分類法と成否決定因

             子の一考察

       定平 誠、華山 宣胤(尚美学園大学 芸術情報学部)

14:00-14:30 テレワークに関する研究傾向の分析

       木全 晃(東京大学大学院工学系研究科)

14:30-15:00 「非雇用型テレワーク」は女性にとって良好な就業形態か?

       坂本有芳(お茶の水女子大学人間文化研究科)

			



<セッションC> W331



10:00-10:30 e-officeのメッセージ通信ログからみた分散勤務者のコミュニケー

             ションニーズ

       榊原 憲,  田處善久, 宮崎貴識,  加藤政美

       (キャノン株式会社 技術開発センター)

10:30-11:00 グローバル・グループ・セキュリティ

       貞政宏明,荒木智行,山本富士男(神奈川工科大学 情報工学科)

       柳川小次郎(明治大学 情報科学科)

11:00-11:30 テレワーク下の報酬管理における分配の公平性

       加納郁也(神戸商科大学大学院 経営学研究科)

11:30-12:00 テレワークの実態とその変化に関する考察

       佐堀大輔(キャノン株式会社)

12:00-13:00 −−昼休み−−	

13:00-13:30 テレワークにおけるナレッジマネジメントへむけて:テレワークに

             おける知識共有の場

        李弘杰(東京工業大学大学院 社会工学研究科)

       比嘉邦彦(東京工業大学 理財工学研究センター)

13:30-14:00 テレワークを利用した組織改革への提案

       比嘉邦彦(東京工業大学 理財工学研究センター)

14:00-14:30 テレワークと企業組織構造と知識共有の関係

       山崎善洋(東京工業大学大学院 社会理工学研究科)

       比嘉邦彦(東京工業大学 理財工学研究センター)

14:30-15:00 戦略的テレワーク効果に影響を及ぼす要因についての研究

       小海友和、比嘉邦彦(東京工業大学 理財工学研究センター)







     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

              ● J@TSワークショップのご案内 ●

     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



   ■■■地域活性化ワークショップ<地域研究部会担当>のご案内■■■





【テーマ】

テレワークと地域の活性化

  〜個人がいきいき活躍できる好循環の仕組みとは〜



【日時・場所等の概要】

日 時:2001年6月2日(土曜日)

    ワークショップは−−15時10分〜17時10分(西2号館W242)

    (テレワーク学会総会、研究発表大会の内の1プログラム)

会 場:東京工業大学 大岡山キャンパス

         東京都目黒区大岡山,東急大井町線,東急目黒線大岡山下車1分

参加費 : 無料



【パネラーと発表内容概略】



○足立國功(あだちくにのり)氏(熊本ソフトウェア株式会社代表取締役社長)

〜国の施策を縦横に活用して活性化に結びつける〜

(政府出資法人や3セクを用いて地域活性化のトータルコーディネートを行うキ

ーマン。最近は身障者テレワークのNPOも設立。)



○吉田孝(よしだたかし)氏(株式会社会津リエゾンオフィス業務課長)

〜大学と地域のリソースを活用して活性化に結びつける〜

(会津大学との連携を図って収益ビジネスを地域で展開。地元主婦層も喜ぶエー

ジェントのキーマン。)



○坂本世津夫(さかもとせつお)氏(なんごく・こうち情報拠点都市地域研究会

  委員長)

〜地域に先端ベンチャー企業を育てて活性化に結びつける〜

(南国オフィスパークでは優秀な地元技術者に活躍の場を提供。有数のネットワ

ーカー坂本氏は影の仕掛け人。)



○仁科満寿雄(にしなますお)氏(静岡県商工労働部新産業室専門監)

〜SOHO支援施設を核とした産業振興で活性化に結びつける〜

(「SOHOみしま」など3箇所の支援施設は、自治体としての新しい産業振興

の旗印。仁科氏はご担当セクションのキーマン。)





【司会、コーディネータ】

○柴田郁夫(青森大学、テレワーク学会地域研究部会幹事)

(1988年から志木サテライトオフィス・プロジェクトに関わり続け、現在も“コ

ミュニティオフィス”による地域活性化を提唱。(社)日本テレワーク協会客員

研究員としてマイクロビジネス協議会の運営にも参画。)











---------------------------------------------------------------------------

       





          ◆ 研究発表で使える機器について ◆



・プロジェクターと連動したパソコン

    (Windowsの下でPower Pointが使えます。DOS/Vマシンです。)

・OHC1台

・OHP2台

・写真スライドをそのまま映写することはできません。



   発表時には、技術アシスタントがつきます。







             =================================================



        日本テレワーク学会

        東京大学先端科学技術研究センター大西隆研究室

        153-8904 目黒区駒場4-6-1

             e-mail:   telework@urban.rcast.u-tokyo.ac.jp

         http://jats.rcast.u-tokyo.ac.jp/tw/

             電話03-5452-5171        FAX 03-5452-5170

             =================================================



閉じる
Copyright(C) Japan Telework Society