第21回研究発表大会が開催されました

さる7月13日(土)・14日(日)に山形県文翔館(山形県山形市)を会場に、第21回研究発表大会が開催されました。

■大会の主題である研究発表については、2日間で17件の研究発表が実施されました。
(論文7件、報告10件)

DSC04805DSC04779

DSC05073DSC05048

DSC05022

■基調講演・シンポジウムには、総務省東北総合通信局情報通信部の鈴木厚志部長のご挨拶や、山形市の佐藤孝弘市長からビデオメッセージをいただいたのち、基調講演として、東北公益文化大学の平尾清教授から「新しい地方の働き方とテレワーク」としてご講演いただきました。

DSC04873DSC04899

ゲスト講演として、一般社団法人日本西海岸計画の池田友喜代表理事から「LIGHTHOUSE・チャレンジャーの楽園」、株式会社エム・エス・アイの宍戸秀雄執行役員から「山形のテレワークを支えるツールと事例」、スタジオ八百萬の山田茂義代表から「地域活性化とコワーキングスペースの役割」として、それぞれご講演いただきました。

DSC04905DSC04910

DSC04915
■企画セッションとして、「一般参加企画 大フリーディスカション『テレワークによって地方の働き方改革は加速するのか?』」も開催され、非会員も含めて、多くの参加者が集まりました。

DSC05233

 

【参考】プログラム
第21回日本テレワーク学会総合プログラム確定版20190713-14_ページ_1
第21回日本テレワーク学会総合プログラム確定版20190713-14_ページ_2