第15回研究発表大会の発表申込み期限を延長します

7月の第15回研究発表大会について、先に下記のご案内をさせていただいたとこ

ろですが、3月1日(金)を予定致しておりました発表申込み期限について、2週間
延長し、3月15日(金)〆切とさせていただきます。

まだ発表を申し込んでいらっしゃらない会員の皆さまも、ぜひ、エントリーを
お願い致します。

**********************************************************************
日本テレワーク学会員の皆様

株式会社ワイズスタッフの田澤由利です。

2013年度の本学会研究発表大会、及び総会は、7月6日(土)、7日(日)
の2日間、北海道北見市(北見工業大学のキャンパス)で開催されることに
なりました。
今回、実行委員長を務めさせていただきます。
なにとぞ、よろしくお願いたします。

さて第15回大会は、「実践」地域を超えて~テレワークは次のステージへ
というテーマを設定させていただきました。
北海道北見市から地域を超えて、次のステージにつながる実践的なテレワ
ークについての議論が行われることを期待しております。

基調講演は、経済評論家の勝間和代氏にご登壇いただく予定です。

遠隔地での開催となりますが、7月は当地におきまして、一番気候の良い
季節です。
#ツアー等を活用すると旅費もリーゾナブルです

本大会へのご参加を、心よりお待ち申し上げております。

本大会ホームページを仮オープンいたしました。
◆第15回日本テレワーク学会研究発表大会 http://www.jats2013.jp

ホームページにて論文募集についての詳細と、要旨、予稿集フォーマット
を掲載していますので、以下のページもご覧ください。
◆発表要項・原稿送付 http://www.jats2013.jp/yoryo/

■要旨の提出締切
要旨の提出締め切りを
要旨提出期限: 2013年3月1日(金)
といたします。なお、発表言語は日本語または英語とします。
できるだけ多くの会員からのご応募をお待ちしております。

■採択・提出の流れ
要旨提出期限: 2013年3月1日(金)
(採択通知): 2013年3月15日(金)
原稿送付期限: 2013年5月15日(水)
※期限は厳守ください。
原稿が遅れた場合は白紙ページとなる可能性があります。

■要旨作成
要旨には、以下の項目が含まれています。
・代表者氏名(所属)
・連絡先メールアドレス
・著者の氏名(所属)
・発表者氏名
・発表区分 論文・報告
・和文題名
・英文題名
・和文要旨(200-300字程度)
・英文要旨(150-200ワード程度)
・キーワード(5つ以内)

用紙は、以下よりダウンロードしていただけます。
http://www.jats2013.jp/wp/wp-content/uploads/2013/01/moushikomi.doc

■送付先・お問合せ先
発表要旨、企画セッション提案書、予稿集原稿の送付、その他お問い合
わせは、下記連絡先までお願いたします。

第15回日本テレワーク学会研究発表大会実行委員長 田澤由利

E-mail: kitami@jats2013.jp

以上、よろしくお願いいたします。