第15回日本テレワーク学会研究発表大会1日目模様

第15回日本テレワーク学会研究発表大会は、7月6日(土)・7日(日)の日程で、北見工業大学(北海道北見市)を会場に開催されました。

1日目は、田澤実行委員長挨拶、塚本北見市副市長挨拶、市川日本テレワーク学会会長挨拶に続き、経済評論家の勝間和代氏による基調講演「テレワークの普及に向けて『知の共有』の考え方を整理する」が行われました。

基調講演等は、学会員以外の方も含め、100名以上の方々にご参加いただきました。

DSC01267

 

 

DSC01289

 

学会員が参加する個人研究発表は、午前中8件、午後9件、の計17件の発表が行われ、多彩な研究発表・報告と活発な意見交換・質疑応答が行われました。

DSC01347DSC01338DSC01312DSC01236

なお、マスコミの取材があり、1日目の模様がNHKのニュースで紹介されました。
http://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20130706/61e0527c8f0a5a1528120f01fc659904.html