研究部会の紹介および新規募集と延長の申請について

日本テレワーク学会 学術部
研究部会担当 加納郁也

テレワーク学会員の研究活動を支援するために、研究部会制度が設けられてお
ります。

【現在活動中の研究部会について】

昨年度活動していた3つの研究部会のうち、2つが今年度で終了となり、
2013年4月以降、以下の研究部会が活動予定です。

——————————————————————–
・ジョブ・キャスティング研究部会       :主査 熊野健志
——————————————————————–

活動内容については、学会誌に掲載していますので、ご覧ください。なお、活動
にご興味をもたれた方は、直接もしくは事務局を通して主査にご連絡ください。
【研究部会の新設および延長募集について】

今年度(2013年度)の研究部会募集(新設および期間延長)を行っています
ので、振るってご応募ください。
新設時の活動期間は3年まで、活動期間の延長は最大2年可能です。

審査を通過した研究部会に対しては、小額ですが活動資金(最大5万円/年)が
提供されます。

-記-

1)申請締切:
随時募集していますが、4月の活動開始をご希望の場合は3月20日までに申請してください。
2)申請方法:
学会HPに掲載の申請書
(http://www.telework-gakkai.jp/activity/files/kenkyu_shinsei.doc)
をダウンロードし、以下の必要事項を記入してください。

部会名称(研究内容が明確にわかるような内容。
延長の場合は(延長)と記入)
取組期間(最長3年。但し発足日にかかわらず終了日は3月末とする)
予定する人数
責任者名と所属・メールアドレス
実施目的・内容(400字以内)
成果の公表計画
予定している会員名(全員が本学会会員であることが必要)

3)申請宛先:
加納郁也(兵庫県立大学)
kano[at]biz.u-hyogo.ac.jp
「テレワーク学会研究部会申請」という件名にて送信お願いいたします。

4)注意事項:
研究部会は、毎年その活動状況および成果を以下に挙げるいずれか、または
複数の方法により報告する義務がございます。
1.活動期間中および活動期間終了後に開催される全国研究発表大会での発

2.活動期間中および活動期間終了後に発行される学会誌への寄稿(原稿種
別に関しては編集委員会との打ち合わせにより定める)
3.研究部会員以外の出席者も含まれる公開研究会等(理事会より求められ
た場合のみ)
4.その他

5)審査:
新規発足・延長申請とも、学術部にて簡単な審査を行い、審査後、紹介・メ
ンバー募集等をJ@TsNewsまたは学会HPに掲載いたします。

その他、詳細についてはWebに掲載されている研究部会規約をご参照ください。
http://www.telework-gakkai.jp/activity/bukai-kiyaku.html

以上